その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

「もう少し使いたい!」に応える ピンポイント補強で満足度大幅アップ!“後乗せサクサク”アップグレード術

【LGA1156】
HDDからSSDにシステムを移行して
体感速度を大幅にアップさせる!

TEXT:石川ひさよし
画像

PCの体感速度はCPU性能だけでなく、ストレージデバイスの性能も大きく影響している。ここでは、まだまだ現役のLGA1156環境における最適なアップグレードについて検証してゆく。

#eb5a25
#FFF

CPUのアップグレードよりもストレージデバイスに注目したい

 PCをアップグレードしようというとき、まず思い付くのがCPUの交換だ。しかしLGA1156環境を使っているならちょっと待ってほしい。Sandy Bridgeが登場した今、LGA1156は費用対効果で劣っており、上位CPUへのアップグレードに数万円費やすのは賢明ではない。とはいえ、LGA1155マザーのリコールにより現状Sandy Bridgeへの移行は難しい。そこで検討したいのが、ストレージデバイスのアップグレードだ。もしも現在システムドライブにHDDを使っているなら、SSDへの換装をお勧めする。その性能はHDDの比ではなく、実際のところ、CPUアップグレードよりも性能アップをより体感できるはずだ。

2010年作成のLGA1156マシン

画像

[強化ポイント] HDD

画像

HDDは現在のPCの中では低速な部類のデバイス。CPUやメモリなどが高速化していく中、補助記憶装置の高速化はPCの体感速度の向上にとって大きな課題であり、SSDが現在のその解と言える。また、ストレージ機器はプラットフォームを移行しても引き続き利用できるため、アップグレードに最適なデバイスでもある。

Sandy Bridgeは確かに高速ではあるが……

画像

下のグラフの結果を見ると、Sandy Bridgeの中でも最上位のCore i7-2600Kは確かに高速だ。とはいえ、PCMark VantageではAES-NIといった新命令に対応しているだけでスコアが跳ね上がるため(Core i5-750はAES-NI非サポート)、実際に体感速度に歴然たる差があるかと言うとそうでもない。LGA1156用CPUも現状では十分高速な部類に入り、4コアモデルならまだまだ現役で戦える。それよりはやはりSSDに換装するのが建設的だ。いずれLGA1155環境に移行するにせよ、SSDであれば容易に次環境に持ち越せる。

画像

【検証環境】
<LGA1156>
CPU:Intel Core i5-750(2.66GHz)、マザーボード:GIGABYTE GA-P55A-UD3(rev. 2.0)(Intel P55)
<LGA1155>
Intel Core i7-2600K(3.4GHz)、マザーボード:ASUSTeK P8P67(Intel P67)
<共通環境>
メモリ:CFD販売 CFD Elixir W3U1333Q-2G(PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×2)、ビデオカード:MSI R5770 Hawk(AMD Radeon HD 5770)、SSD:Micron Technology Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1(Serial ATA 3.0、MLC、64GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

強化ポイント 予算10,000円

HDDからSSDに換装するだけで劇的に体感速度が向上

 フラッシュメモリを用いるSSDは構造的にランダムアクセス性能に優れるほか、多チャンネルアクセスによってシーケンシャル速度でもHDDを大きく上回る。その速度はすでにSerial ATA 2.5(3Gbps)インターフェースの限界を超え、Serial ATA 3.0(6Gbps)の領域に入っている。今回用意したCrucial RealSSD C300はSerial ATA 3.0対応だが、ここではSerial ATA 2.5インターフェースが標準のLGA1156環境全体を想定し、あえてサードパーティ製のSerial ATA 3.0ポートは使用しなかった。しかし、それでもCrystalDiskMarkの計測ではシーケンシャルリードで約270MB/sをマークし、7,200rpmのHDDと比べ約2.5倍高速だ。また、Windows 7の起動も約10秒短縮でき、体感速度も大きく向上している。もちろんここに示していないランダムアクセス性能も優秀で、アプリの起動など全体的に体感速度は大幅に向上している。SSDは高価だが、小容量SSDをシステムやアプリのインストールに限定して使えば、1万円前後と最小限にコストを抑えつつ大きな効果を得られる。

画像
画像

CPUはそのままで、HDDからSSDに変えただけでPCMarkのスコアは一気に5,000ポイント近く向上する

[オススメのSSD]
選んで損なし! 6Gbps転送に対応した超鉄板の高速SSD

  • Serial ATA 3.0
  • 64GB
Micron Technology
Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
実売価格:10,000円前後
画像

MicronのRealSSD C300はSerial ATA 3.0(6Gbps)に対応する高速タイプのSSD。大容量のモデルほど高性能で、256GB版ではリード最大355MB/s、ライト最大215MB/sを実現する。下位の64GBモデルも十分高速であり、価格も1万円前後と、HDDクラスの価格帯で購入できるのが魅力だ。

画像

RealSSD C300の速さのヒミツ

RealSSD C300の心臓部であるMarvell「88SS9174-BJP2」チップ。いち早くSerial ATA 3.0をサポートした高速コントローラだ

製品名 容量 実売価格
CTFDDAC256MAG-1G1 256GB 46,000円前後
CTFDDAC128MAG-1G1 128GB 23,000円前後

【問い合わせ先】
Micron Technology:03-3206-0806(エスティトレード)/ http://www.crucial.com/

【検証環境】
CPU:Intel Core i5-750(2.66GHz)、マザーボード:GIGABYTE GA-P55A-UD3(rev. 2.0)(Intel P55)、メモリ:CFD販売 CFD Elixir W3U1333Q-2G(PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×2)、ビデオカード:MSI R5770 Hawk(AMD Radeon HD 5770)、SSD:Micron Technology Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1(Serial ATA 3.0、MLC、64GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版
<Windows 7の起動時間>
電源スイッチをONにしてから、スタートアップに登録したメモ帳が起動するまでの時間を計測
<最大リード速度>
CrystalDiskMark 3.0(1,000MB、5回)を使用して計測

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2021年秋号

発売日:9月29日
定価:1,980円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻二〇二一 【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2020/12/03
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス