その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

高級vs中核vs低価格パーツ ベストバイ価格帯はココだ!!

TEXT:北川達也

速度/容量/信頼性をどこまで求めるか!?

SSD編

画像

SSDは当初、SLCとMLCという、搭載するNAND型フラッシュメモリの種類で棲み分けてきた。しかし、MLCのSSDが主流となった現在では、同じMLCタイプのSSDでも速度、容量、信頼性などの要素が相まって、エントリークラスからハイエンドクラスまでのセグメント分けが進みつつある。そこでこれらの要素をほぐしつつ、低価格から中核、高級まで、最新の売れ筋SSDが持つそれぞれの価値を見きわめてみたいと思う。

Serial ATA 3.0対応のSSDが登場するなど進化は止まらない

 毎月のように新製品が投入されるSSDだが、現在のトレンドは、大きく二つある。まず、リード速度を活かしてOSやアプリケーションの起動用に用途を絞り、小容量、低価格化を図ったSSDが登場したことだ。このタイプの製品は、記録容量が30~40GBと少なく、性能も高級モデルと比較すると劣る部分もあるが、「SSDを1万円前後で購入できる」ところは魅力だ。今のところIntel、OCZ Technology、東芝などがこのタイプの製品をリリースしている。
 もう一つの流れが、高級クラスで見られる新技術の導入、さらなる高性能化だ。Micron TechnologyのCrucial RealSSD C300は、最大転送速度6Gbps(600MB/s)のSerial ATA 3.0をインターフェースに採用した製品だ。今のところSerial ATA 3.0に対応した製品は本製品のみだが、Serial ATA 2.5(300MB/s)のインターフェースは、SSDの性能向上の障壁となりつつある。今後、Serial ATA 3.0対応のSSDが増加することは間違いないだろう。またデータを圧縮し、長寿命化と速度の両方を追求する製品も登場した。これらの状況を踏まえて、自分の用途、求める性能と予算に合った製品を見付けてほしい。

SSD選びのポイント

1インターフェース

現在の主流は、最大転送速度300MB/sのSerial ATA 2.5だが、すでに600MB/sのSerial ATA 3.0をインターフェースに備えた製品も登場し、マザーボード側でもSerial ATA 3.0へネイティブ対応した製品が増加している

2コントローラ

SSDの性能を決める心臓部とも言えるのがコントローラだ。SSDの基本的な速度は、並列チャンネル数によって決まる。現在の主流は、8チャンネル並列、または16チャンネル並列で、低価格製品は4チャンネルや5チャンネル並列だ

3外部キャッシュ

DRAMなどと比べて、処理速度に時間のかかるフラッシュメモリを補助する目的で、外部キャッシュを搭載している製品は多い。容量が大きいほどデータキャッシュが多いということになる

4価格/容量

SSDを構成するパーツで、NAND型フラッシュメモリがもっとも高価なため、容量が少ない製品ほど確かに安くなる。最近ではあえて小容量にして価格を抑えた製品も多く出回っている

活用方法

SSDはHDDと比較して容量が少ないため、ノートPCで使用する場合などを除き、HDDとの併用は必須だ。このため、OSの起動やアプリケーションのインストール専用と割り切って使い、データの置き場所にはHDDを使う、という方法がポピュラーだ

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス