その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

6大パーツの中核をになう超定番製品を総力比較 ド本命パーツ選び徹底指南66連発!!

マザーボード編

TEXT:滝 伸次
  • Socket AM3
  • AMD 890GX+SB850
  • DDR3
  • ATX

ASUSTeK

M4A89GTD PRO/USB3

実売価格:18,000円前後

問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)
URL:http://www.asus.co.jp/
TPower I55

充実した機能が自慢の890GXマザーボード

人気急上昇中のAMD 890GX搭載マザーボード。チップセットに内蔵されているグラフィックスコアはDirectX 10.1に対応するATI Radeon HD 4290。South Bridgeにはチップセットでは初めてSerialATA 3.0に対応したSB850が採用されている。コントローラチップを搭載することでUSB 3.0機能も実装しており、最新マザーボードとしてはまさに隙のない仕様となっている。オーバークロック機能や無効化されているCPUコアを有効化するCore Unlocker機能など、お楽しみ機能も満載されており、AMDファンならずとも見逃せない1枚だ。

本命のワケ
  • 高性能グラフィックス機能を搭載
  • オーバークロック機能などお楽しみ機能が充実
  • 6コアのPhenomII X6に対応
ライター滝 伸次の評価

搭載チップセットの機能もさることながら、GPUのオーバークロック機能、Core Unlocker機能などのオリジナル機能が魅力。AMD CPUで自作を楽しみたい人にオススメ。

図
TurboVでGPUクロックもオーバークロック可能
画像

付属のユーティリティ「TurboV」を使えば、Windows上から内蔵GPUのオーバークロックを簡単に行なうことができる。テスト環境では、電圧などはデフォルトのまま、830MHzまでオーバークロックができ、3DMark06のスコアを100程度上げることができた。

画像

Specification

対応CPU:PhenomII、AthlonII●メモリスロット:PC3-16000 DDR3 SDRAM×4(最大16GB)●グラフィックス機能:AMD 890GX内蔵(ATI Radeon HD 4290) ●ディスプレイ:HDMI×1、DVI-D×1、Dsub 15ピン×1●拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×2(x16/ - またはx8/x8で動作)、PCI Express 2.0 x4×1、PCI Express2.0 x1×1、PCI×2●主なインターフェース:Serial ATA 3.0×6、eSATA(Serial ATA2.5)×1、Ultra ATA/133×1、USB 3.0×2、USB 2.0×4、IEEE1394(S400、6ピン)×1●RAID:0/1/0+1/5(SB850) ●LAN:1000BASE-T×1

画像
画像

VRMは8+2フェーズ構成。表面積が大きく放熱効果の高そうなヒートシンクが取り付けられている

画像

3コアCPUなどの無効化されているコアを有効化して4コアCPUとして認識させるCore Unlocker機能に対応。ボード上に設定用のスイッチが用意されている

画像

内蔵GPU用のオンボードメモリ(SidePort)として128MBのDDR3メモリを搭載、さらにBIOSでメインメモリから最大で512MBを内蔵GPU用に割り当て可能

主な拡張機能の有無

USB 3.0 Serial ATA 3.0

NEC μPD720200

画像

AMD SB850

画像
2ポート 6ポート
ATI CrossFireX NVIDIA SLI

【検証環境】CPU:PhenomII X4 955 Black Edition(3.2GHz)、メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM、CL=9、2GB×4 ※2枚のみ使用)、HDD:日立GST Deskstar 7K1000.B HDT721032SLA360(Serial ATA 2.5、7,200rpm、320GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

  • Socket AM3
  • AMD 890GX+SB850
  • DDR3
  • ATX

GIGABYTE

GA-890GPA-UD3H(rev. 1.0)

実売価格:18,000円前後

問い合わせ先:03-5812-5820(リンクスインターナショナル)
URL:http://club.gigabyte.co.jp/
GA-890GPA-UD3H(rev. 1.0)

GIGABYTE品質が890GXの魅力をさらにアップ

高性能グラフィックス機能で注目を集めるAMD 890GXチップセットを搭載したATXマザーボード。South BridgeのSB850がネイティブサポートするSerial ATA 3.0に加え、コントローラチップを実装することでUSB 3.0機能も搭載しており、AMD CPUで最新インターフェースを備えたシステムを構築するには最適な1枚だ。独自の品質規格である「Ultra Durable3」に準拠した高品質仕様、専用電源回路を搭載することにより規格の3倍の電力出力を実現した「USB3倍電源」などGIGABYTEならではの魅力も満載。

本命のワケ
  • 高性能グラフィックス機能を搭載
  • GIGABYTEならではの高品質設計
  • 6コアのPhenomII X6に対応
ライター滝 伸次の評価

チップセットがサポートしているSerial ATA 3.0機能に加えUSB 3.0機能も搭載するなど拡張機能が充実している点が○。AMD CPUで最新環境を構築したい人は必見の1枚。

図
Clarkdaleより高いグラフィックス性能が魅力

下のグラフは、AMD 890GXの内蔵GPUとClarkdaleの内蔵グラフィックス機能を3DMark06を使って比較したものだ。CPUは価格と動作クロックの近い、PhenomII X4 965 Black Edition(3.4GHz)とCore i5-661(3.33GHz)を用いている。結果は若干ながらAMD 890GXのほうがよい数値となっている。内蔵GPUではもっとも優秀であり、軽い3Dゲームなら十分に使える性能を持っていると言える。

画像

Specification

対応CPU:PhenomII、AthlonII●メモリスロット:PC3-14900 DDR3 SDRAM×4(最大16GB)●グラフィックス機能:AMD 890GX内蔵(ATI Radeon HD 4290)●ディスプレイ:HDMI×1、DVI-D×1、Dsub 15ピン×1●拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI Express 2.0 x8(x16形状)×1、PCI Express 2.0 x1×3、PCI×2●主なインターフェース:Serial ATA 3.0×6、Serial ATA 2.5×2、Ultra ATA/133×1、USB 3.0×2、USB2.0×4、IEEE1394(S400、6ピン)×1●RAID:0/1/0+1/5、JBOD(SB850)、0/1、JBOD(GIGABYTE SATA2)●LAN:1000BASE-T×1

画像
画像

VRMは4+1フェーズ構成。GIGABYTE独自の省エネ機能「Easy Energy Saver」を搭載しており、負荷に応じて使用するフェーズ数がスムーズに切り換わるようになっている

画像

ストレージインターフェースが充実しているのが本機の特徴で、South BridgeのSB850がサポートする6基のSerial ATA 3.0(6Gbps)ポートに加え、GIGABYTE SATA 2チップによる2基のSerial ATA 2.5(3Gbps)ポートが搭載されている

画像

BIOSのMB Intelligent TweakerメニューではCPUのクロックや各種電圧に加え、内蔵GPUのコアクロックを設定することもできる

主な拡張機能の有無

USB 3.0 Serial ATA 3.0

NEC μPD720200

画像

AMD SB850

画像
2ポート 6ポート
ATI CrossFireX NVIDIA SLI

【検証環境】マザーボード:BIOSTAR TH55B HD(Intel H55)、メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM、CL=9、2GB×4 ※2枚のみ使用)、グラフィックス機能(ビデオカード):Intel Core i5-661内蔵(Intel HD Graphics)、AMD 890GX内蔵(ATI Radeon HD4290)※グラフィックスメモリは最大値に設定、HDD:Seagate Barracuda 7200.11 ST3500320AS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、500GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス