その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

6大パーツの中核をになう超定番製品を総力比較 ド本命パーツ選び徹底指南66連発!!

TEXT:滝 伸次

機能・品質・コスト ド定番に一切妥協なし!

マザーボード編

画像

製品購入に迷ったら、人気製品に注目するとよい。人気を集めているにはそれなりの理由があり、トレンドや必要な機能など、今、製品選択の基準とするべき要素が見えてくるからだ。ここでは、今、市場で人気を集めているマザーボードに注目することで見えてきたトレンドを加味しつつ、編集部独自の視点からピックアップしたド本命マザーボードを紹介しよう

売り上げランキングに見る人気マザーの傾向

下の表は、4月中旬時点のBCNランキングから、実売で1万円から2万5,000円までのマザーボードの売り上げTOP10を抽出したものだ。一目で分かるのは、ASUSTeKとGIGABYTE製品に人気が集中している点。対応CPU別で見るとほぼCPUの人気どおりで、IntelのメインストリームCPUであるCore i7対応のIntel P55マザーが上位を占めている。 AMD CPU用のマザーとしては、DirectX10.1 に対応したグラフィックス機能を統合したAMD 785Gマザーがチャートイン、コストパフォーマンスを重視するユーザーの支持を得ているようだ。次ページからは、以上のような市場動向や最新製品状況を加味しつつ、編集部が独自の視点で選んだ、今買うべき本命マザーを紹介していくので、ぜひとも製品選択の参考にしてもらいたい。

図
1ASUSTeKとGIGABYTEがチャートを二分
画像

1万円から2万5,000円までのマザーボードでは、実績のあるASUSTeKとGIGABYTEに人気が集中している。もう少し上の価格帯だとMSIが、下の価格帯だとMSIに加えてIntelなどがチャートインしてくる。

2人気はCore i7対応のP55マザー
Clarkdale対応のH55マザーも健闘
画像

チャート上位を独占するのは、やはりCore i7対応のP55マザーで、機能と価格のバランスが取れた製品が人気だ。Clarkdale対応のH55マザーもなかなか健闘しており、microATXタイプが人気だ。

3AMD CPUマザーでは
グラフィックス機能統合型のチップセットマザーが人気

AMD CPU用マザーはグラフィックス機能を持つ統合型チップセット搭載マザーが人気を集めている。現在のチャートではAMD 785Gがランクインしているが、この価格帯ではその性能の高さから、発売されて間もないAMD 890GXに人気が移りつつある。

画像

DirectX 10.1対応のグラフィックス機能を持つAMD 890GX

4USB 3.0搭載マザーボードが人気だが……

USB 3.0を搭載したマザーボードの人気が上がってきているが、非搭載モデルでも依然人気の高いマザーもある。似たスペックのマザーで、USB 3.0搭載/非搭載モデルではそれなりの価格差があるので、とくに必要としない人は非搭載モデルを選んでいるということだ。必要となれば拡張カードで機能を追加することもできるので、必ずしも対応製品を選ぶ必要はない。

  • LGA1156
  • Intel P55
  • DDR3
  • ATX

ASUSTeK

P7P55D-E

実売価格:18,000円前後

問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)
URL:http://www.asus.co.jp/
P7P55D-E

バランスのよい仕様で人気のP55マザー

発売以来、常に売り上げランキングの上位に位置している人気のP55マザー。その人気の理由は、価格と機能のバランスのよさにある。ほどよいオーバークロック機能とそれに対応する品質を持つ上、USB 3.0、Serial ATA 3.0といった最新の機能を搭載。上位機種のようにPCI Expressブリッジチップは搭載されていないが、その分価格が抑えられており、USB 3.0 およびSerial ATA 3.0を常時フルスピードで使う必要のない人にはお買い得となっている。人気のマザーボードということでユーザーが多く、情報が多いのも本機の魅力。多くの人にオススメできる、まさにド本命マザーボードだ。

本命のワケ
  • 価格と機能のバランスがよい
  • ASUSTeKならではの高品質設計
  • ユーザーが多く情報も多い
ライター滝 伸次の評価

誰にでも安心してオススメできるマザーボード。マニュアルやユーティリティ類も親切で初心者にも二重丸。このマザーボードを買って後悔する人は少ないだろう。

図
IO Level UP機能でUSB 3.0をフルスペック活用
画像

基板上に用意されたボタンを押すことでIO Level UPを有効化することができる

USB 3.0(5Gbps)のコントローラチップをP55のPCI Express 2.0 x1バスで接続した場合、帯域幅の制限により転送速度が2.5Gbpsに制限されてしまう。そのため、本機ではコントローラチップの接続先をCPUに変更してフルスペックで利用できるようにするIO Level UP機能を搭載している。IO Level UPを利用した場合、ビデオカードのバス幅がx8に制限されてしまう点には注意が必要だが、下のテスト結果のとおり、転送速度は確実に向上する。3Dゲームなどはあまりせず、USB 3.0の速度を上げたい人は試してみるとよいだろう。なお、IO Level UPでは、Serial ATA 3.0の接続先をCPUに変更することもできる。

CrystalDiskMark 2.2 USB 3.0デバイス接続時のスコア

CrystalDiskMark 2.2 USB 3.0デバイス接続時のスコア

Specification

対応CPU:Core i7、Core i5、Core i3、Pentium(LGA1156)● メモリスロット:PC3-17600 DDR3 SDRAM×4( 最大16GB)●グラフィックス機能:-●ディスプレイ:-●拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI Express 2.0 x4(x16形状、10GT/s) ×1、PCI Express 2.0 x1(2.5GT/s) ×3、PCI×2●主なインターフェース:Serial ATA 3.0×2、SerialATA 2.5×7、eSATA(Serial ATA 2.5)×1、Ultra ATA/133×1、USB 3.0×2、USB 2.0×6、IEEE1394(S400、6ピン)×1●RAID:0/1/0+1/5(Intel P55)●LAN:1000BASE-T×1

CrystalDiskMark 2.2 USB 3.0デバイス接続時のスコア
画像

VRMは12+2フェーズ構成。余裕を持ってCore i7を動作させることが可能だ

画像

メモリが問題で起動しない場合にメモリのSPD値を無視した設定で起動を試みることができる「MemOK!」に対応。ASUSTeKならではの安心機能だ

主な拡張機能の有無

USB 3.0 Serial ATA 3.0

NEC μPD720200

画像

Marvell 9123

画像
2ポート 2ポート
ATI CrossFireX NVIDIA SLI

【検証環境】マザーボード:Intel Core i7(2.8GHz)、メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM、CL=9、2GB×4 ※2枚のみ使用)、ビデオカード:ATI Radeon HD 5770リファレンスカード、システムHDD:Western Digital WD Caviar Black WD1001FALS(SerialATA 2.5、7,200rpm、1TB)、USB 3.0対応外付けHDD:バッファロー HD-H1.0TU3(1TB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit 版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス