特集
いきなり!総合ランキング 1/2
いきなり!総合ランキング 2/2
最新デュアルコアCPU Clarkdaleを大解剖 1/3
最新デュアルコアCPU Clarkdaleを大解剖 2/3
最新デュアルコアCPU Clarkdaleを大解剖 3/3
ClarkdaleのOC耐性を探る
H57/H55搭載マザーボードカタログ 1/4
H57/H55搭載マザーボードカタログ 2/4
H57/H55搭載マザーボードカタログ 3/4
H57/H55搭載マザーボードカタログ 4/4
プラットフォームの勢力図 1/2
プラットフォームの勢力図 2/2
性能ランキング 1/2
性能ランキング 2/2
メインストリームランキング 1/3
メインストリームランキング 2/3
メインストリームランキング 3/3
激安ランキング 1/2
激安ランキング 2/2
ゲームランキング 1/2
ゲームランキング 2/2
省電力ランキング 1/2
省電力ランキング 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
最新CPUランキング ベスト20
プラットフォームの勢力図
TEXT:滝 伸次
image
※CPUの価格は2010年1月15日付のAKIBA PC Hotline!調べ
価格と性能を軸に現行CPUの傾向をつかむ
 上のグラフでは価格と性能を軸にして、現行の主なCPUをまとめている。自分の求めるCPUがどのクラスに属すのか、あるいは求めるクラスにどのようなCPUがあるのかなど、最新CPUの登場でラインナップが一層複雑化している今、改めて確認してみるとよいだろう。

 プラットフォーム別に見ると、LGA1156用CPUのラインナップの豊富さが目立つ。ハイエンドのCore i7-870から、ミドルレンジのCore i5-750、GPU内蔵のCore i5-661、果てはローエンドのPentium G6950まで、幅広いレンジをカバーしている。将来性のあるこれからのプラットフォームなので、今自作をするならオススメの選択肢だ。

 LGA1366はコアユーザー向けで、このプラットフォームでいくならCore i7-975 Extreme Editionを視野に入れたい。と言うのも、下位のCPUだとLGA1156のハイエンドモデルに性能で負けてしまうことがあるためだ。もちろん、値はとんでもなく張るが……。

 次に、前世代のLGA775はLGA1156の登場でもはや将来性がないため、パーツを使い回すなど、よほどの理由がない限り選択は推奨できない。

 一方、AMDのSocket AM3は実質的なハイエンドモデルが不在の状態だが、低価格で高性能なクアッドコアが選べるので、“分かっている”人ならそれに価値を見い出せる。ローエンドCPUの層がとくに厚いが、Clarkdaleの勢いに牙城を崩されそうな感があり、AMDの今後の対応策に期待したいところ。
imageH55マザーボードの安さが魅力
Clarkdale用の廉価チップセットとして登場したIntel H55。その搭載マザーボードのほとんどが実売1万3,000円前後と安く、低価格なCore i3やPentium G6950と相性バッチリだ
チップセットの種類と特徴
メモリコントローラやPCI Expressバスなどといった、従来チップセットがになっていた機能をCPUが搭載するようになり、チップセットの役割と選択方法が大きく変わろうとしている。新しいものと古いもの、ここではプラットフォームごとに主要な対応チップセットを整理し、その特徴を紹介している。
1チップで構成されるチップセットの新しい形
LGA1156対応チップセット
Intel P55 ビデオカード必須のメインストリームチップ
Intel H57/H55 CPU内蔵のGPU機能が使えるのはH57/H55だけ
imageLGA1156用のチップセットには、Intel P55およびH57、H55が用意されている。大まかに、P55はグラフィックス機能を持たないCore i7/5向けで、H57とH55がグラフィックス機能を持つCore i5/3またはPentium G向けとなっている。P55でも後者のCPUは使えるものの、GPUの機能を使えないという点に注意しよう。
Core iシリーズ最高峰のチップセットでCore i7専用
LGA1366対応チップセット
Intel X58 ハイエンドシステム向けの贅沢なチップセット
imageLGA1366ソケットに対応するチップセットは、Intel X58が唯一の選択肢となる。LGA1366版のCore i7はLGA1156版のCore i7とは別物で、そもそも互換性がないことを覚えよう。X58ではPCI Express 2.0 x16スロットを複数駆使してのマルチGPU機能を使えるなど、ゲーマーやハイエンドユーザー向けのリッチな仕様を誇る。
Core 2シリーズに対応するチップセット
LGA775対応チップセット
Intel P45 前世代の主力チップセットで汎用性が高い
Intel G45 グラフィックス機能搭載のミドルレンジタイプ
Intel G41 グラフィックス機能を搭載したローエンド向け
imageIntelの主力LGA775チップセットとしては、P45とグラフィックス機能統合型のG45およびG41が存在する。P45とG45マザーは世代交代で新製品が登場しなくなってきているが、低価格システム向けのチップセットとしてG41マザーはまだまだ勢いがある。
Phenom II、Athlon IIをサポートするチップセット
Socket AM3対応チップセット
AMD 790FX AM3プラットフォームで最高性能を求める人向け
AMD 790GX ローエンドGPUに比肩する高性能な内蔵GPUを搭載
AMD 785G DirectX 10.1対応の新世代統合型チップ
imageSocket AM3対応チップセットでは、790FX、790GX、785Gが主な選択肢となる。注目は、DirectX 10.1に対応したグラフィックス機能を持つ785G。搭載マザーの価格も安く、低価格なWindows 7マシンを構築するといった目的に適している。
各社の主なチップセットの仕様
North Bridge機能 Intel P55 Intel H57/H55 Intel X58
対応CPUソケット LGA1156 LGA1156 LGA1366
最大システムバス(帯域) 2.5GT/s(2GB/s) 2.5GT/s(2GB/s) 6.4GT/s(25.6GB/s)
メモリインターフェース CPU内蔵(DDR3×2) CPU内蔵(DDR3×2) CPU内蔵(DDR3×3)
PCI Express 2.0(レーン数) 8 8/6 36
グラフィックス機能 HD Graphics(CPUによる)
対応するSouth Bridge なし(1チップ構成) なし(1チップ構成) ICH10シリーズ
South Bridge機能 P55 H57/H55 ICH10R
Serial ATAインターフェース 6 6 6
USB 2.0 14 14/12 12
RAID RAID 0/1/0+1/5 RAID 0/1/0+1/5/- RAID 0/1/0+1/5
North Bridge機能 Intel P45/G45 AMD 790FX/785
対応CPUソケット LGA775 Socket AM3またはAM2
最大システムバス(帯域) 1,333GT/s(10.66GB/s) 5.2GT/s(41.6GB/s)
メモリインターフェース DDR3またはDDR2×2 CPU内蔵(DDR3またはDDR2)×2
PCI Express 2.0(レーン数) 16 38/22
グラフィックス機能 -/GMA X4500HD -/Radeon HD 4200
対応するSouth Bridge ICH10シリーズ SB700シリーズ
South Bridge機能 ICH10 SB750/710
Serial ATAインターフェース 6 6
USB 2.0 12 12
RAID RAID 0/1/0+1/5
SB710はRAID 5非対応
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年春号

発売日:3月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス