特集
2009年のPC自作10大ニュース
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
マザーボード編 1/6
マザーボード編 2/6
マザーボード編 3/6
マザーボード編 4/6
マザーボード編 5/6
マザーボード編 6/6
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
SSD編 1/3
SSD編 2/3
SSD編 3/3
HDD編 1/2
HDD編 2/2
Blu-ray Discドライブ編
サウンドデバイス編
テレビキャプチャ編 1/2
テレビキャプチャ編 2/2
PCケース編 1/3
PCケース編 2/3
PCケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
ベアボーン編
液晶ディスプレイ編 1/3
液晶ディスプレイ編 2/3
液晶ディスプレイ編 3/3
CPUクーラー編 1/3
CPUクーラー編 2/3
CPUクーラー編 3/3
そのほかのパーツ編 1/2
そのほかのパーツ編 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2010
TEXT:保坂陽一
小型・省電力でもグラフィックス性能が重要
ベアボーン編
imageベアボーンならではのコストパフォーマンス、省スペース性はもちろん重要なポイントだが、Windows 7時代にはそれなりの性能も求められる。ION搭載のニューマシンなど、さらに多様化が進むベアボーンに注目だ。
ION搭載小型ベアボーンに注目
 省電力CPU、Atomのおかげで注目度がアップしたベアボーン。今までのmicroATXタイプやキューブタイプなどのスタンダードなものに加え、小型の製品が多数登場してきている。とはいえ当初Atom搭載ベア(マザーボード)と言えば、旧世代チップセットのIntel 945GCとの組み合わせしかなく、グラフィックス性能はもとより、各種インターフェースの構成が古くさいのが難点であった。

 小型ベアボーンではビデオカードの増設はまずムリだけに、グラフィックス性能には妥協を強いられがち。そこへ登場したNVIDIA IONチップセットはローエンドビデオカードに匹敵するほどのグラフィックス性能を備えつつ、945GC以上に省電力のため、やや割高なものの登場当初から高い人気を得ている。そのほか機能的にも充実しており、搭載ベアボーンはDVIやHDMIのほか、eSATAなどといった需要のあるインターフェースを備えているものがほとんどで、拡張性の高さも魅力となっている。

 最近ではIONを採用しつつ、Atom以外のCPUを搭載可能なベアボーンが登場するなど、独自色の強い製品が増えてきている。さらに、全体的に低価格化が進んでおり、お買い得品も多く出ているので、使い勝手のよい定番キューブタイプなどの選択肢も検討しつつ、自分に合った製品を見付けたいところだ。
べアボーン選びの注目トピック1
小型ベアボーンが充実。ただしスペックは要確認
Atomを搭載したベアボーンは、その省電力性を活かし、コンパクトな筐体を採用しているものがほとんど。そのため内部拡張性が低く、購入前に各種インターフェースの種類や数をよく確認しておく必要がある。とくにメモリスロットにノートPCで使われるSO-DIMMを使っているものや2.5インチドライブベイを採用しているものが多い。最近では2.5インチHDDなどの低価格化が一層進んでいるため投資額は少なくすむものの、手持ちパーツの流用を考える人には重要なポイントだ。また、内部拡張性が限定されるだけに、メモリスロット数や最大容量など、基本的な部分での影響も大きい。見た目がキュートで値段も手頃だと衝動買いしたくなるところだが、スペック確認を怠らないことが大切だ。
imageバックパネル構成をよく見よう
デジタル映像出力やeSATAポートなど、利用度の高いインターフェースが備わっているかしっかり確認を。USB 2.0ポートの数も重要だ
imageメモリスロットのタイプは?
小型ベアボーンではSO-DIMMを採用している製品がわりと多い。最近ではコスト的な問題は少ないが、搭載可能容量などのスペックは要確認だ
image2.5インチベイタイプが多数
内部ベイが3.5インチか、2.5インチかは、容量を求める人にはとくに重要。逆にSSDで高速・省電力を狙う人には2.5インチタイプがピッタリだろう
べアボーン選びの注目トピック2
定番ベアボーンが値下がりし狙い目に
小型ベアボーンの多様化が進む一方で、キューブタイプなどの定番ベアボーンは、最新チップセットを搭載した製品が登場しておらず、あまり動きがないように見える。しかし、徐々に低価格化が進んでおり、お買い得感が増しているのだ。以前は割高だったハイエンドモデルなども手頃な価格に下がってきているので、コンパクトかつ拡張性を備えたマシンを手に入れるなら今がチャンスとも言える。
imageShuttleのXPC Glamor SG31G2 V2は、G31チップセットを搭載した前モデルの改良版で、さらに低価格化された。ビデオカードも使用可能で実売1万9,000円前後と非常にお買い得
AOpen
XC Mini GP7A-HD
実売価格:41,000円前後
問い合わせ先:Webサイトのフォームから
URL:http://aopen.jp/
Socket P NVIDIA ION 90W AC
imageION+Socket Pのベストバランスマシン
IONチップセットにPenrynコアのモバイル用Core 2 Duo(Socket P)などを搭載可能な省電力性とパフォーマンスの両立を目指した異色の小型ベアボーン。高価だがインターフェースの充実はもちろん、DVD Multiドライブやメモリカードリーダーを標準装備している。
グラフィックス性能「4」 拡張性「3」 コストパフォーマンス「2」
imageHDMIやeSATAポートを装備している。USB 2.0ポートの数も標準的
Specification
対応CPU:Core 2 Duo T、Pentium T、Celeron
メモリスロット:PC3-8500 DDR3 SDRAM SO-DIMM×2(最大4GB)
グラフィックス機能:ION(GeForce 9300M)内蔵
ベイ:5インチ(スリム、記録型DVDドライブ搭載済み)×1、2.5インチシャドー×1
拡張スロット:PCI Express Mini Card×1
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×2、eSATA×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、シリアル×1、Dsub 15ピン×1、HDMI×1、1000BASE-T×1など
サイズ(W×D×H):61×166×180mm
Shuttle
XPC Glamor SG45H7
実売価格:29,000円前後
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://www.shuttle-japan.jp/
LGA775 Intel G45+ICH10 300W
imageこれぞLGA775対応のスタンダードキューブ
G45チップセットを採用した万能タイプのキューブタイプベアボーン。アルミボディで高級感のあるシックなデザインを採用。クアッドコアCPUに対応しているので、性能を求める人も満足して使えるはず。発売当初の4万円台から価格が大幅に下がり、かなりお買い得に。
グラフィックス性能「3」 拡張性「5」 コストパフォーマンス「4」
imageeSATAポートを前背面に3基備えるなど、インターフェースが充実
Specification
対応CPU:Core 2 Quad/Duo、Pentium、Celeron
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SDRAM×4(最大16GB)
グラフィックス機能:GMA X4500HD
ベイ:5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×1
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI×1
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×3、eSATA×3、Ultra ATA/133×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、IEEE1394×1、Dsub 15ピン×1、HDMI×1、1000BASE-T×1など
サイズ(W×D×H):208×325×189mm
Shuttle
XPC Glamor SA76G2
実売価格:22,000円前後
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://www.shuttle-japan.jp/
Socket AM2 AMD 760G+SB710 250W
imageハイコストパフォーマンスなAMD CPU向けベア
AMD CPUが使える貴重なSocket AM2ベアボーン。Phenom IIなどの低価格クアッドコアCPUでハイパフォーマンスなマシンを作りたい人には本製品がうってつけだ。AMD 760Gによる高いグラフィックス性能も心強いが、別途ビデオカードを増設することもできる。
グラフィックス性能「4」 拡張性「4」 コストパフォーマンス「5」
imageDVI出力を装備するが、インターフェース構成は少し味気ない
Specification
対応CPU:Phenom II、Phenom、Athlon II、Athlon、Sempron
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SDRAM×2(最大8GB)
グラフィックス機能:Radeon HD 3000
ベイ:5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×1
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI×1
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×3、Ultra ATA/133×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、Dsub 15ピン×1、DVI-D×1、1000BASE-T×1など
サイズ(W×D×H):200×300×185mm
FunTwist
Fiono330
実売価格:20,000円前後
問い合わせ先:inf@fastcorp.co.jp(ファスト)
URL:http://www.fastcorp.co.jp/
オンボードCPU NVIDIA ION 60W AC
imageAtom+IONの超小型ベアボーン
AtomにIONチップセットを組み合わせた今人気の構成。Mini-ITXよりも小さい独自マザーを採用し、超小型化を実現。内部ベイは2.5インチ1基のみで、メモリもSO-DIMMスロットが1本のみだが、HDMI、DVI、eSATAと需要の高いポートを搭載している。
グラフィックス性能「4」 拡張性「3」 コストパフォーマンス「5」
image大きさのわりにインターフェースは豪華。側面にカードリーダーも装備
Specification
対応CPU:Atom 330(1.6GHz)オンボード搭載
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SDRAM SO-DIMM×1(最大4GB)
グラフィックス機能:ION(GeForce 9400M G)内蔵
ベイ:2.5インチシャドー×1
拡張スロット:-
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×2、eSATA×1
背面インターフェース:USB 2.0×2、DVI-I×1、HDMI×1、1000BASE-T×1など
サイズ(W×D×H):194×136×55mm
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス