特集
2009年のPC自作10大ニュース
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
マザーボード編 1/6
マザーボード編 2/6
マザーボード編 3/6
マザーボード編 4/6
マザーボード編 5/6
マザーボード編 6/6
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
SSD編 1/3
SSD編 2/3
SSD編 3/3
HDD編 1/2
HDD編 2/2
Blu-ray Discドライブ編
サウンドデバイス編
テレビキャプチャ編 1/2
テレビキャプチャ編 2/2
PCケース編 1/3
PCケース編 2/3
PCケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
ベアボーン編
液晶ディスプレイ編 1/3
液晶ディスプレイ編 2/3
液晶ディスプレイ編 3/3
CPUクーラー編 1/3
CPUクーラー編 2/3
CPUクーラー編 3/3
そのほかのパーツ編 1/2
そのほかのパーツ編 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2010
TEXT:目黒廣道
さらなる高機能化が進む
テレビキャプチャ編
image2008年に登場して以来、進化を続けてきたデジタル放送対応のテレビキャプチャデバイスだが、Windows 7の登場によって、大きな転換期を迎えている。また、より小型の製品や番組の配信機能にも注目したい。
Windows 7のMedia Centerがデジタル放送に標準で対応
 デジタル放送対応のテレビキャプチャデバイスは、登場当初はPCで視聴・録画を行なえるだけという程度のものであったが、その後もダビング10への対応やダブルチューナー搭載など、確実に進化を続けている。そして、2009年のテレビキャプチャデバイスにおいて、もっとも大きなトピックとなったのは、Windows 7の登場だろう。

 Windows Vistaに搭載されていた、統合メディアコントロールソフト「Media Center」だが、自作PC環境においてはデジタル放送には対応しておらず、デジタル放送の視聴や録画は、テレビキャプチャデバイスメーカーによる専用ソフトを利用するしかなかった。

 ところが、Windows 7では自作PC上のMedia Centerでもデジタル放送に対応するようになった。独自のコントロールソフトを開発する必要もなくなるので、低価格化も期待できる。さらに、複数のMedia Center対応製品を使うことで、複数番組の同時録画や録画中の裏番組の視聴なども可能となる。

 そのほかにも、miniB-CASカードの発行が開始されて小型の製品が登場し始め、DTCP-IP対応製品登場によって録画したデジタル放送のストリーム配信が可能になるなど、機能の進化は止まらない。

 ただし、旧製品のユーザーにとっては少々問題もある。製品によってはWindows 7に対応していないこともあるからだ。この場合は、Windows 7対応のキャプチャデバイスを新たに購入し直すか、Windows 7の導入をあきらめることになる。

 Windows XPやVistaでテレビキャプチャデバイスを使っているユーザーは、Windows 7導入前にメーカーのWindows 7対応状況を確認しておこう。
テレビキャプチャデバイス選びの注目トピック1
Windows 7のMedia Centerがデジタル放送に対応
imageWindows 7では統合メディアアプリケーション「Windows Media Center」がデジタル放送に対応した。視聴や録画のほか、録画予約や予約番組の一覧表示など、基本的な機能は整っている。プラグインにより、後述のDTCP-IPによる録画番組の配信も可能だ。
テレビキャプチャデバイス選びの注目トピック2
miniB-CASカード採用製品の登場
image携帯電話のSIMカードサイズで、これまでのB-CASカードから大幅に小型化されたPlug-inSIM形状の「miniB-CASカード」が登場。これにより、製品の小型化が容易となり、今後はバッファローのちょいテレ・フルのように、小型のテレビキャプチャデバイスが増えると予想される。現時点では地上デジタル用のみ発行されている。
テレビキャプチャデバイス選びの注目トピック3
DTCP-IPによる録画番組の配信機能を搭載
imageDTCP-IPに対応したテレビキャプチャデバイスやアプリケーションが登場したことにより、録画したデジタル放送の番組をLAN経由で共有できる「配信機能」に対応。PC同士だけでなく、BD/DVDレコーダや液晶テレビ、ネットワークメディアプレイヤーなどの民生用AV機器と番組を共有できるようになった。
DTCP-IPで快適なテレビ環境を構築する
PCで録画したデジタル放送の番組を、ほかの機器で再生する
 PCで録画した番組を、ネットワーク経由で複数のAV機器などで共有することも可能になった。

 デジタル放送の録画番組はコピーコントロール信号が埋め込まれているため、これまでのWindows環境では簡単に別の機器と番組を共有することができなかった。

 共有のために必要なのが「DTCP」(Digital Transmission Content Protection)による認証だ。簡単に言えば、DTCP対応機器同士であれば、デジタル放送の録画番組も共有することが可能になるのだ。そして、LAN経由でDTCPをやり取りするのが「DTCP-IP」である。

 BDレコーダや液晶テレビなどは早くから対応製品が登場していたが、PCではDTCP-IP対応製品がなかったために利用できなかった。しかし、DTCP-IPに対応したテレビキャプチャデバイスやソフトウェアプレイヤーが登場したことで、ようやくPCでも配信機能を使えるようになったのである。

 まだ対応製品は多くないが、これで家庭用BD/DVDレコーダに引けを取らない機能を持つようになったと言える。
DigiOn DiXiM Digital TV
通販価格:4,980円(ダウンロード版)
問い合わせ先:http://optmarket.jp/support/form.html(日本インテリジェンス)
URL:http://www.digion.com/
imageDTCP-IPに対応したWindows用メディアプレイヤー。アナログ番組にも対応した「DiXiM Digital TV Plus」もある。
imageDiXiM Digital TVは、めんどうな設定が不要。同じネットワークに接続されているDTCP-IP対応サーバーを自動で探し出してくれる
imageGV-MC7/HZ3では、Media CenterにDiXiM Digital TVがプラグインとしてインストールされ、DTCP-IP対応メディアサーバーとして機能する
Media Centerで録画した
デジタル放送の番組を別の部屋で見られる!
imagePCでデジタル放送を録画
アイ・オー・データ機器のMedia Center専用テレビキャプチャデバイス「GV-MC7/HZ3」はDTCP-IPによるデジタル放送の録画番組配信機能を持っており、ほかの対応機器から録画番組を再生可能だ。LANで接続されていれば、寝室やリビングなどの離れた部屋からでも録画番組を楽しむことができる。
image別のPCで再生
DTCP-IP対応のメディアプレイヤーソフト「DiXiM Digital TV」を使えば、ほかのPCからも録画番組を再生できるようになる
imageAV機器で再生
DTCP-IPに対応したプレイステーション 3や液晶テレビ、ネットワークメディアプレイヤーなどのAV機器からも再生可能
主なDTCP-IP対応機器
image image image
DVD/BDレコーダ
録画したデジタル放送の番組を配信できるサーバー機能を搭載したモデルが多数登場している。写真はソニーのBDレコーダ「BDZ-X100」
液晶テレビ
DTCP-IPによる番組の再生のほか、内蔵やUSB 2.0接続のHDDに録画した番組の配信に対応した高機能モデルもある。写真は東芝 「REGZA Z9000」
ゲーム機
ソニーの高性能ゲームマシン「プレイステーション 3」が、最新のファームウェア(Ver 3.00以降)でDTCP-IPに対応。番組を再生できるようになった
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス