特集
最新・最強マシンを手に入れよう 1/2
最新・最強マシンを手に入れよう 2/2
CPU編 1/3
CPU編 2/3
CPU編 3/3
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
マザーボード編 1/4
マザーボード編 2/4
マザーボード編 3/4
マザーボード編 4/4
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
SSD編 1/2
SSD編 2/2
HDD編
PCケース編 1/2
PCケース編 2/2
電源編
CPUクーラー編
キャプチャデバイス編
液晶ディスプレイ編
Windows 7アップグレード攻略法 1/3
Windows 7アップグレード攻略法 2/3
Windows 7アップグレード攻略法 3/3
Windows 7時代の目的別自作レシピ 1/4
Windows 7時代の目的別自作レシピ 2/4
Windows 7時代の目的別自作レシピ 3/4
Windows 7時代の目的別自作レシピ 4/4
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
第1部:Windows 7時代のPC自作術
TEXT:芹澤正芳
Windows 7時代の目的別自作レシピ
imageWindows 7の登場に合わせて、自分のPCを新たに組もうと考えている人も多いだろう。ここでは、スタンダード、ゲーム、低価格、省スペースと目的別に四つのテーマを設け、PC自作のレシピを用意してみた。目的にマッチするレシピを見付けて、自分流にアレンジしてほしい。
Reipe 1
スタンダードPC
Core i5搭載PCを10万円で仕上げる
Core i5とDDR3メモリ 最新パーツでも低価格は可能!
image Windows 7時代の自作では、「Intel Core i7/i5」、「DDR3デュアルチャンネルメモリ」、「SSD」、「64bit」がキーワードになるだろう。パフォーマンスを求めるならば、この条件をすべて満たすパーツを揃えたいところだが、そこまでコストをかけたくないと思う人も多いはず。そこでここでは、「10万円」をキーワードに、一般的な用途をそつなくこなせる、スタンダードなPCのレシピを考えていきたいと思う。

 とくに注目度が高いのは、2009年9月に発売されたばかりのLGA1156プラットフォームのCore i7/i5だ。対応チップセットは、2009年10月現在ではP55のみだが、DDR3メモリと合わせてトレンドをキッチリと押さえられる。さらに、P55マザーボードはメーカー各社から30製品以上登場しており、高機能製品や低価格製品などバリエーションも豊富で、予算の調整がしやすい。そこでCPUにはCore i5-750、マザーボードにP55という組み合わせをチョイスした。
主要パーツと実売価格
種別 メーカー名/製品名 実売価格
CPU Intel Core i5-750(2.66GHz) 20,000円前後
マザーボード ASUSTeK P7P55D (Intel P55) 19,000円前後
メモリ UMAX Cetus DCDDR3-4GB-1333(PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×2) 9,500円前後
ビデオカード ECS N9800GTE-512MX-F (NVIDIA GeForce 9800 GT) 12,000円前後
HDD Seagate Barracuda 7200.12 ST31000528AS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、1TB) 8,500円前後
光学ドライブ バッファロー DVSM-U24FBS-BK(DVDスーパーマルチ) 5,000円前後
PCケース アビー balance Light B640L-BK(ATX、付属電源なし) 10,000円前後
電源 玄人志向 KRPW-V560W(560W) 6,500円前後
CPUクーラー サイズ KABUTOクーラー 3,500円前後
OS Microsoft Windows 7 Home Premium 32bit版(DSP版) 13,000円前後
合計 107,000円前後
クアッドコアCPUにIntel最新のチップセット搭載マザーボード、4GBのDDR3メモリと最新のパーツを揃えながら、控えめな予算に収まっているのが魅力。ただし、ビデオカードのランクを下げる程度しか、これ以上の低価格化は難しい。逆に性能アップを狙うならば、CPUをクロックが高く、Hyper-Threadingにも対応するCore i7に変更するのがもっとも手軽で効果的だろう
求める能力
マルチコアCPUを採用し、ゲームやエンコード、動画編集など多くの処理をそつなくこなせる性能

OS込みの合計が約10万円と高過ぎない価格で、バランスのよいパーツ構成であること

Windows 7が快適に動作して、さらにDirectX 10に対応したAe
roなど、新機能を活かせること
 Core i5は上位モデルのCore i7シリーズに比べて、Hyper-Threadingを備えていないものの、状況に合わせて自動で動作クロックを高めるIntel Turbo Boost Technologyをサポートしている。ベースとなるクロックは2.66GHzとそれほど高くはないが、Turbo Boost動作時は最高で3.2GHzとなる。これは、Core 2 Duoなどの上位モデルにも引けを取らない数字。「クアッドコアCPUはクロックが低いため、マルチタスクに対応していないアプリケーションでは高クロックのデュアルコアCPUに劣る」と語られることもあるが、Turbo Boostによって、それは払拭されたと言ってよいだろう。

 CPUがデュアルチャンネルをサポートするLGA1156のCore i5と決まったので、メモリは2GBのDDR3を2枚とした。こうなると悩ましい問題は、Windows 7のエディションと、32bit/64bit版の選択だ。ここでは予算面と一般用途という目的から、32bit版のWindows 7 Home Premiumを選択しているが、将来的に4GB以上のメモリの搭載を考えているなら、Professional以上のエディションの64bit版を選ぶとよいだろう。

 ビデオカードはミドルレンジで省電力版のNVIDIA GeForce 9800 GT搭載製品を選択している。補助電源がいらないタイプで、PCI Express x16スロットに挿すだけでOKと手軽なのが魅力だ。処理能力も高く、ほとんどの3Dゲームを快適に遊べる性能を備え、もちろん、Windows 7のAeroを活用するためのDirectX 10もサポートしている。また、Windows 7では、ビデオカードによるハイビジョン映像の再生支援機能に標準で対応している。CPUに負荷をかけることなく、映像を楽しめるのもポイントだ。ストレージに関しては、SSDを選びたいところだが、容量あたりの単価で見ると、まだまだ高価。コストパフォーマンスに優れる1TBのHDD、Seagate Barracuda 7200.12を選択した。電源は560Wとそれほど大出力ではないが、マルチGPU環境を構築しなければ十分に事足りる。将来的に3D性能の強化を考えている場合は、700W前後の、もうワンランク上の製品を検討しよう。

 これだけのスペックを揃えて10万円強。向こう数年は十分快適に使えるだろう。ただしこのレシピの難点は、安価なCPUの選択肢が少ないこと。今はデュアルコアCPUでよいけど、クアッドコアCPUにおいおい乗り換えたい、という場合は、AMD CPU環境も検討してみたいところだ。
チェックポイント
image(1)マザーボード
チップセットにP55を採用し、独自の12+2フェーズ給電回路「Hybrid Phase」を備えた、ASUSTeKのP7P55D
image(2)CPUクーラー
12cm角の大型冷却ファンを採用する静音CPUクーラー、サイズのKABUTOクーラーを選択。LGA1156に対応し、ファンの回転数を制御する機能も備える
image(3)CPU
クアッドコアCPUのCore i5-750。動作クロックは2.66GHzで、Turbo Boostにより、状況に応じて自動的に3.2GHzまでオーバークロックする
image(4)ビデオカード
省電力版のGeForce 9800 GTを搭載する、ECSのN9800GTE-512MX-Fを選択。補助電源が不要なのがうれしい
imageWindows 7のエクスペリエンスインデックスは、ほとんどが「7」前後と高い数値を記録している。PCとしてのバランスの高さが分かる結果だ。さらにスコアを伸ばすにはSSDの導入が必要だろう
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2021年冬号

発売日:12月28日
特別定価:2,100円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻二〇二一 【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2020/12/03
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス