特集
LGA1156版Core i7/i5で自作PCが変わる 1/2
LGA1156版Core i7/i5で自作PCが変わる 2/2
LGA1156版Core i7/i5の新機能に迫る 1/2
LGA1156版Core i7/i5の新機能に迫る 2/2
Intel P55で変わったチップセットとCPUの関係
パフォーマンス多角分析 1/3
パフォーマンス多角分析 2/3
パフォーマンス多角分析 3/3
LGA1156版Core i7/i5を使いこなすBIOS設定法
Lynnfieldでオーバークロックする 1/2
Lynnfieldでオーバークロックする 2/2
P55搭載マザーボードカタログ 1/6
P55搭載マザーボードカタログ 2/6
P55搭載マザーボードカタログ 3/6
P55搭載マザーボードカタログ 4/6
P55搭載マザーボードカタログ 5/6
P55搭載マザーボードカタログ 6/6
LGA1156版Core i7/i5対応DDR3 SDRAMカタログ
LGA1156対応CPUクーラーカタログ
LGA1156マシン自作解説 1/4
LGA1156マシン自作解説 2/4
LGA1156マシン自作解説 3/4
LGA1156マシン自作解説 4/4
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
Core i7/i5全貌解明
TEXT:鈴木雅暢
最新CPUが集結!
パフォーマンス多角分析
imageこれまでLGA1156版Core i7/Core i5の仕様や新機能を詳しく見てきたが、その総合的な性能はどれほどのものなのか。既存CPUとの力関係はどうなのか。ベンチマークテストで明らかにする。
各種ベンチマークソフトで基本性能を見る
優れた基本性能を実証 Core 2、Phenomを圧倒
 LGA1156版Core i7/Core i5を含め、現行の主要CPUに対してベンチマークテストを実施し、その結果を掲載している。テストに利用した環境は別掲のとおりで、できる限りパーツを共通化し、CPUの性能差が分かるようにしている。OSにはWindows Vista Ultimate SP2(32bit)を利用し、スーパーフェッチ、Windows ReadyBoost、Windows Search機能はOFFにして計測している。

 まずは定番のベンチマークテストであるFuturemarkのPCMark Vantageのスコアから見てみよう。内容はWindows Vista環境においてハイビジョンコンテンツの扱いを前提にしつつ、日常的なコンピューティング作業をシミュレートする内容となっている。PCシステムの総合的な性能をおおまかに知るのに適している。結果はCore iシリーズ、とくにLGA1156版の強さが目立つ。シリーズ最廉価のCore i5-750でもAMDの最上位モデルであるPhenom II X4 965 Black Edition(以下BE)やCore 2 Quadの売れ筋であるQ9550を上回るスコアをマークしている。さすがにCore i7-975 Extreme Editionは別格だが、Core i7-870、860ともにLGA1366のCore i7-920を上回っている。AMDではローエンドクアッドコアとして登場したAthlon II X4 630がローエンドとしては突出したスコアをマークしている。

 Futuremarkの3Dベンチマークテストである3DMark Vantageは、現行のVantageになってからは性能分析用の色が強く、とくにCPU別の一般的なゲーム性能の目安としてはなかなか使いづらいものがあるのだが、ここではCPU TEST 1のみを実行している。テストの内容はゲームにおいてCPUの担当であるAIシミュレーションをマルチスレッドで行なうもので、三つの行動ルールにもとづいた三次元経路探索を行ない、スコアは1秒間に何回の探索を成功させたかを意味する「Plans/s」で表示される。結果はご覧のとおり、Core iシリーズがほかのブランドを圧倒している。Core i7-975 Extreme EditionがCore 2 Quad Q9400Sの2倍以上のスコアをマークするという圧倒ぶりである。HTもかなり効果があるようで、Core i5-750はCore i7と比べると見劣りするが、それでもCore 2 Quad Q9550やPhenom II X4 965 BEにははっきりとした差を付けている。全体にデュアルコアCPUは低調なスコアとなっており、低価格帯ではやはりクアッドコアのAthlon II X4シリーズのスコアの高さがひときわ目立っている。
image
image
image3DMark Vantage
Futuremarkの3D描画性能測定ベンチマークテスト。今回はCPUのAI負荷をシミュレートする内容のCPU TEST 1のみを実行してスコアを掲載している
 CINEBENCH R10は、MAXON Computerの3DCGソフト「CINEMA 4D」をベースにしたベンチマークテストだ。レンダリングテストでは、1コアのみで処理を行なう「1 CPU」と使用可能なコア(論理コア含む)をすべて利用する「x CPU」の2種類を計測できる。1 CPUのスコアを見るとほぼ動作クロックに比例した序列となっているが、Core iシリーズはTurbo Boostの分、高いスコアをマークしており、とくに上昇幅の大きいLGA1156版のCore i7/Core i5は、動作クロック3.16GHzのデュアルコアCPUであるCore 2 Duo E8500にも下克上を許していない。そして、4コア+HTの8スレッドを使ってレンダリングできる「x CPU」ではCore i7が圧倒的な強さを見せている。HTを持たないCore i5-750はCore i7勢には差を付けられているものの、それでもCore 2 Quad Q9550、Phenom II X4 965 BEよりはよいスコアをマークしており、Nehalemアーキテクチャの優秀さがうかがえる。
image
【検証環境】
[LGA1366環境]
マザーボード:Intel DX58SO(Intel X58+ICH10R)
メモリ:OCZ Technology OCZ3P1333LV3GK(PC3-10600 DDR3 SDRAM、1GB×3)

[LGA1156環境]
マザーボード:GIGABYTE GA-P55-UD3R(rev. 1.0)(Intel P55)
メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM、2GB×4 ※2枚のみ使用)

[LGA775環境]
マザーボード:Intel DP45SG(Intel P45+ICH10R)
メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM、2GB×4 ※2枚のみ使用)

[Socket AM3環境]
マザーボード:MSI 790FX-GD70(AMD 790FX+SB750)
メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM、2GB×4 ※2枚のみ使用)

[共通環境]
ビデオカード:MSI N285GTX-T2D1G-OC(NVIDIA GeForce GTX 285)
HDD:Western Digital WD Caviar Black WD1001FALS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、1TB)
OS:Windows Vista Ultimate SP2
CPUクーラー:すべてリテールクーラーを使用
imageCINEBENCH R10
MAXONの3DCGソフト「CINEMA 4D」をベースにしたベンチマークテスト。レンダリングテストでは1スレッドのみ使う「1 CPU」と全コアを使う「x CPU」の性能が測定できる
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス