特集
激安マシンの基礎知識 1/2
激安マシンの基礎知識 2/2
39,800円で作る激安ゲームマシン 1/4
39,800円で作る激安ゲームマシン 2/4
39,800円で作る激安ゲームマシン 3/4
39,800円で作る激安ゲームマシン 4/4
激安オーバークロックに挑戦! 1/2
激安オーバークロックに挑戦! 2/2
BDドライブ付きでサンキュッパな静音特化AVマシン 1/4
BDドライブ付きでサンキュッパな静音特化AVマシン 2/4
BDドライブ付きでサンキュッパな静音特化AVマシン 3/4
BDドライブ付きでサンキュッパな静音特化AVマシン 4/4
激安自作ファイルサーバー 1/2
激安自作ファイルサーバー 2/2
メーカー製激安サーバーを普段使いのPCにする 1/2
メーカー製激安サーバーを普段使いのPCにする 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
サンキュッパPC 自作の神髄
39,800円で作る激安ゲームマシン
TEXT:Jo_Kubota
image 限界に挑戦。激安ゲームPCはコレだ!

プラン1:性能、省電力性のバランスが取れた激安高性能マシン
image
ケース標準付属を狙え
PCケースに電源ユニットが付属しているものを狙おう。3万9,800円で作るには、これは不可避の選択となる
性能はOCでカバー
3万9,800円という予算ではビデオカードに少しでもコストを回すのが正解。性能不足はOCで補え!
ビデオカードは妥協しない
ビデオカードは妥協せずに選ぼう。CPUとの予算配分に悩んだら迷わずビデオカードにお金をかけるべし
HDDは高速回転モデルで
ゲームのロード時間はHDD性能も大きく影響するため、容量よりも性能を重視した製品を選びたい
激安ゲームPCの最適解は低価格CPU+高性能ビデオカード
 定格動作のPhenom II X2 545やオーバークロックしたAthlon II X2 240も捨て難いが、Pentium E5300にGTS 250(512MB)という環境が性能と消費電力を踏まえるとベストと判断した。繰り返すが、ビデオカードさえミドルクラスなら、CPUはある程度妥協しても、ゲームは問題なくプレイできるということがお分かりいただけたと思う。また、OCすることでさらなるパフォーマンスアップも可能なのが魅力。それにしても、イマドキの3万9,800円PCは侮りがたい性能を持っている。
ココに注目!
imageCPUをOCして性能の底上げを狙う
Pentium E5300では安価なマザーボードでも20%ほどのOCが見込める。OC率によっては数ランク上の動作クロックになるため、ビデオカードの性能をさらに引き出せる
image高解像度のゲームもさくさく動作
解像度1,920×1,200ドットでもストリートファイター IVは快適に動作した。グラフィックス設定を引き上げ、美麗なゲームシーンを楽しむのも◎

【ストリートファイター IV】
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2008,2009 ALL RIGHTS RESERVED.
【パーツ構成】
CPU:Intel Pentium E5300(2.6GHz) 6,300円
マザーボード:ASUSTeK P5KPL-AM EPU(Intel G31+ICH7) 5,637円
メモリ:Transcend Technology JetRam JM4GDDR2-8K(PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2) 3,950円
ビデオカード:Palit Microsystems GeFiroce GTS 250(NVIDIA GeForce GTS 250) 10,980円
HDD:Western Digital WD Caviar Blue WD3200AAKS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、320GB) 4,350円
光学ドライブ:ソニーオプティアーク AD-7200S(Serial ATA) 2,680円
ケース:サイズ SCY-0939(450W電源搭載) 4,969円
計 38,866円
Windows 7対応度
エクスペリエンスインデックス
  7(OC時) Vista(OC時)
プロセッサ 6.5(6.5) 5.5(5.7)
メモリ(RAM) 6.5(6.5) 5.1(5.8)
グラフィックス 6.9(6.9) 5.9(5.9)
ゲーム用グラフィックス 6.9(6.9) 5.9(5.9)
プライマリハードディスク 5.9(5.9) 5.9(5.9)
imageビデオカードを装着したままOSをインストールしたところ、G31チップセットの内蔵グラフィックス機能が不明なデバイスとして登場。ビデオカードを取り外して再起動すると自動でインストールされた
総評 完成したゲームPCは価格も性能も◎
予算内での性能限界に到達!? わずかな性能差のせめぎ合いに
 先ほどの候補の中でもっとも優れていた候補Aをそのままプラン1としたが、候補Cの組み合わせもプラン2として挙げたい。どちらも多くのベンチマークにおいて甲乙付け難い結果となった。

 最後のベンチマーク比較も3DMark/PCMark Vantageはプラン1とプラン2に明確な差は出ず、悩ましい結果となった。ややヘビーなバイオハザード5では唯一プラン1のOCPCが平均40fpsを超えたことには注目したいが、快適に遊べる目安の60fpsを超えることができなかったのは残念。現状の約1.5倍のフレームレートを出すことは今回の予算では不可能と言わざるを得ない。

 ただ、激安PCがゲーム用として十分な性能を発揮するというのは、一昔前では考えられなかったことだ。その背景にはHDDやメモリ、そしてビデオカードの平均価格が大きく下がったのに加え、高クロックなCPUが安価に手に入るようになったのも要因だろう。

 半面、電源付きのPCケースが激減し、選択肢が数えるほどしかなく、激安PC最大の難関は実はPCケースと電源というのも昔とは変わった点だ。
プラン2:AMDにこだわるならコレだ!
image
プラン1のPentium E5300とは違い、メモリコントローラをCPUに搭載しているためかプラン2はPCMark Vantageではプラン1よりもやや高速。ただし、バイオハザード5に関しては、OCしても40fpsは超えられず、あと一歩CPUパワーが不足気味である点は否めないのが残念
image
image
このプランで採用したBIOSTARのマザーボードTA780G M2+は、激安には通常みられない細かなOC設定が可能な点が魅力(上)。自動OC機能も備え、3段階でOC率を切り換えられる(下)
【パーツ構成】
CPU:Athlon II X2 240(2.8GHz) 6,260円
マザーボード:BIOSTAR TA780G M2+(AMD 780G+SB700) 6,180円
ビデオカード:Palit Microsystems GeForce GTS 250(512MB) 10,980円
メモリ:Transcend Technology JetRam JM4GDDR2-8K 3,950円
HDD:Western Digital WD Caviar Blue WD3200AAKS 4,350円
光学ドライブ:ソニーオプティアーク AD-7200S(Serial ATA) 2,680円
ケース:サイズ SCY-0939(450W電源付属) 4,969円
計 39,369円
image
image
image
+αするならいったい何だ!?
今回のPCはこれまでのベンチマーク結果を見ても分かるとおり、予算を考えると非常に高性能だ。さらに数千円程度をプラスしても性能を劇的に向上させる要素はほとんどなく、真剣に性能を上げようと思えば1万円前後の出費が必要となる。もし3,000円程度で何を選ぶかと言えば、オーバークロックに備えて、高性能なCPUクーラーに充てるのがベストだろう。とくに冷却性、静音性で人気の高かったサイズのANDY SAMURAI MASTERの後継であるKABUTOクーラーは、性能はもちろん取り付けやすさも向上し、一歩上のOCを狙うのにオススメ。
imageANDY SAMURAI MASTERの後継となるKABUTOクーラー
(実売価格3,500円前後)
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス