特集
パーツ同士の性能差
本当のところが知りたい!
CPU対決 1/4
CPU対決 2/4
CPU対決 3/4
CPU対決 4/4
マザーボード対決 1/3
マザーボード対決 2/3
マザーボード対決 3/3
ビデオカード対決 1/4
ビデオカード対決 2/4
ビデオカード対決 3/4
ビデオカード対決 4/4
電源対決 1/3
電源対決 2/3
電源対決 3/3
SSD対決 1/3
SSD対決 2/3
SSD対決 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
ライバルパーツ対決! 買うならどっちだ?
ビデオカード対決
TEXT:Jo_Kubota
Round1
本気でゲームをやるならこのクラス アッパーミドル対決
Sapphire
VAPOR-X HD 4890 1GB GDDR5 PCIE HDMI/DP
実売価格:27,000円前後
問い合わせ先:03-5215-5650(アスク)
URL:http://www.sapphiretech.jp/
Radeon HD 4890 GDDR5 1GB
image
image
静音性を重視したオリジナルクーラーが魅力

SPECIFICATION
コアクロック:870MHz
ビデオメモリバス幅:256bit
メモリクロック:4.2GHz
接続インターフェース:PCI Express 2.0 x16
出力インターフェース:HDMI×1、DVI-I×1、Dsub 15ピン×1、DisplayPort×1
MSI
N275GTX Twin Frozr
実売価格:29,000円前後
問い合わせ先:web@msi-computer.co.jp(エムエスアイコンピュータージャパン)
URL:http://www.msi-computer.co.jp/
GeForce GTX 275 GDDR3 896MB
image
image
5本のヒートパイプ+2基のファン搭載で高い冷却性能を実現

SPECIFICATION
コアクロック:666MHz
ビデオメモリバス幅:512bit
メモリクロック:2.322GHz
接続インターフェース:PCI Express 2.0 x16
出力インターフェース:DVI-I×2、HDTV OUT×1
Galaxy Microsystems
GF PGTX260+-OC/896D3
実売価格:20,000円前後
問い合わせ先:info@mvkc.jp(エムヴィケー)
URL:http://www.gfe.com.hk/
GeForce GTX 260 GDDR3 896MB
image
image
価格を抑えつつOC仕様&3連ファン搭載のお買い得モデル

SPECIFICATION
コアクロック:625MHz
ビデオメモリバス幅:448bit
メモリクロック:2.1GHz
接続インターフェース:PCI Express 2.0 x16
出力インターフェース:DVI-I×2、HDTV OUT×1
ハイエンドに迫る3製品をベンチマークで比較
 まずは、3DMark VantageでP10000以上を記録し、ライバルがひしめき合うアッパーミドルのグループを比較していこう。MSIの「N275GTX Twin Frozr」(以下、N275GTX)は、GeForce GTX 275を搭載し、5本のヒートパイプ、2基のファンを搭載するオリジナルクーラーを装備したモデルだ。そしてGalaxy Microsystemsの「GF PGTX260+-OC/896D3」(以下、PGTX260)はStreaming Processorが216基のGeForce GTX 260を搭載し、3基のファンが特徴の製品。そしてRadeon HD 4890を搭載するSapphireの「VAPOR-X HD 4890 1GB GDDR5 PCIE HDMI/DP」(以下、HD 4890)は、静音性に優れたクーラーを搭載している。いずれもオーバークロックが施されているのが特徴だ。

 この3製品を、Core i7-965 Extreme Editionを搭載するハイエンドPCに組み込んでベンチマークを行なった。

 ベンチマークに使用したゲームタイトルは3DMarkシリーズなどの純粋なベンチマークソフトに比べるとNVIDIA系GPUのスコアが相対的に高めに出やすいものであるため、Radeonにはやや厳しい面もあるが、PCゲームは開発時にNVIDIAの支援を受けているメーカーが多く、その戦場でRadeonがどこまで食い込めるかが、一つの見どころだ。

 まずは格闘ゲームの定番「ストリートファイターIV ベンチマーク」で比較してみた。結果はN275GTXがほかを一歩リード。残る2製品はほぼ同等だ。

 続いて人気FPS「Far Cry 2」付属のベンチマークツールでは、HD 4890が高解像度でN275GTXを超え、トップに立った。差はわずかだがゲームでRadeonが上回ることがあるのには要注目だ。

 そして最新タイトルのベンチマーク「バイオハザード5 ベンチマーク」の結果は、ある意味順等にN275GTXがトップ、HD 4890はPGTX260にも少し離されてしまっている。

 では、GPGPUではどうだろうか。GPUによるエンコードに対応したCyberLinkのトランスコードソフト、Media Show Espressoにて、1,920×1,080ドットのMPEG2映像(60秒)をH.264に変換する時間を計測した。その結果は、N275GTXが31秒とソースに対して半分の時間で完了し、トップを記録。HD 4890はN275GTXにはおよばないものの、44秒とソース映像の60秒を下回り、ハイエンドの面目を保っている。

 最後に消費電力と温度を見てみよう。もっとも消費電力が小さかったのはPGTX260で、アイドル、高負荷ともにほかの2製品を大きく下回った。HD 4890は動作クロックの高さが災いしてか、消費電力はやや高めだ。GPU温度は3者3様にオリジナルのGPUクーラーを搭載するため、同GPUを搭載していても同じ傾向になるとは限らないが、アイドル時は3連ファンを搭載するPGTX260が、高負荷ではN275GTXがもっとも低い温度を記録した。これはN275GTXが、高負荷時にほかの2製品よりもファン回転数が高くなるためだ。その分、騒音も大きくなる。
MSIの勝利!
image
引き分け
image
MSIの勝利!
image
MSIの勝利!
image
Galaxy Microsystemsの勝利!
image
MSIの勝利!
image
【検証環境】
CPU:Intel Core i7-965 Extreme Edition(3.2GHz)
マザーボード:FOXCONN Flaming Blade(Intel X58+ICH10R)
メモリ:OCZ Technology 3X1600LV6GK(PC3-12800 DDR3 SDRAM 2GB×3)
HDD:Western Digital WD VelociRaptor WD3000HLFS(Serial ATA 2.5、10,000rpm、300GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP2

アイドル時:OSが起動して20分経過した時点の値、高負荷時:OCCT Perestroika 3.1.0を使用し、GPUのみに負荷をかけ15分経過した時点の値。すべてのゲームの画面設定はアンチエイリアシングをOFFに設定し、グラフィックスを最高に設定。DirectX 10モードがある場合はDirectX 10環境で計測している
ゲームではやはりNVIDIA勢が優勢 バランスで優れたRadeonにも魅力が
 今回のテストでは、ベンチマーク全般でN275GTXの優秀さが目立った。高負荷時でも冷却能力は高く、安心してゲームを楽しめるだろう。PGTX260は絶対的な性能ではおよばないもののすべてのベンチマークで平均60fps以上を記録し、ゲームを遊ぶ上では不都合はないだろう。HD 4890はFar Cry 2で見せた性能を考えるとドライバの改善でさらなる性能向上を期待したいところだ。
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス