特集
高級パーツ vs. 低価格パーツ
CPU対決 1/3
CPU対決 2/3
CPU対決 3/3
マザーボード対決 1/5
マザーボード対決 2/5
マザーボード対決 3/5
マザーボード対決 4/5
マザーボード対決 5/5
ビデオカード対決 1/4
ビデオカード対決 2/4
ビデオカード対決 3/4
ビデオカード対決 4/4
ストレージ対決 1/4
ストレージ対決 2/4
ストレージ対決 3/4
ストレージ対決 4/4
ケース対決 1/3
ケース対決 2/3
ケース対決 3/3
電源対決 1/3
電源対決 2/3
電源対決 3/3
液晶ディスプレイ対決 1/3
液晶ディスプレイ対決 2/3
液晶ディスプレイ対決 3/3
CPUクーラー対決 1/2
CPUクーラー対決 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
高級パーツ vs. 低価格パーツ 2009
TEXT:北川達也
ストレージ対決
高級ストレージを選ぶ理由
低価格ストレージを選ぶ理由
高級ストレージは、高速、大容量、高信頼性という点がメリット。高速であれば、それだけストレスなく使用できる。とくにハイエンドSSDの高速性は魅力。2TBクラスのHDDはフルHD時代の動画データ保存用に最適だ。 低価格ストレージでも用途を考慮すれば十分快適に使うことができる。たとえば、データの保存用など高速性が必要でない場合は、容量が同じなら低価格な製品でも十分だ。また、低価格HDDでもプラッタ密度の増加により速度が向上している。
ROUND1 パフォーマンスの差を検証
ハイエンドSSDの圧倒的な高速性 HDDは500GBプラッタ品が優秀
image HDDやSSDなどのストレージの速度は、PCを使用する上での使い勝手に直結する。これは、現在のPCの速度面でのボトルネックがストレージにあるからだ。このため、HDDやSSDを購入する場合は、それをどのような用途に使用するかを考慮する必要がある。とくに、PCを快適に使いたいのであれば、OSなどの起動に使用されるシステム用のストレージは、なるべく高速なほうがよい。

 また、ストレージの速度は、いくつかの要素で決定され、HDDの場合は、プラッタと呼ばれる記録媒体の記録密度と回転速度、SSDの場合は、キャッシュ容量や採用されているNAND型フラッシュメモリの種類、コントローラの性能によって決まる。そして、HDDでもSSDでも高速なものほど高価になってくる。

 ここでは、さまざまな価格帯のHDDやSSDを集め、その速度を検証した。CrystalDiskMark 2.2、Iometer、PCMark VantageのHDD Test Suiteなどによるベンチマークの測定とWindows Vistaの起動時間の計測を行なっている。

 HDDやSSDの速度を比較する場合に最初に注目されるのが、リード/ライトの性能である。まず、シーケンシャルリード/ライトから見ていくが、CrystalDiskMark 2.2の結果から分かることは、大容量キャッシュを搭載した最新世代SSDの驚異的な性能であろう。IntelのX25-E Extreme SATA SSD、OCZ TechnologyのVertex SATA II やPhotoFastのG-Monster V3、の3製品は、いずれもシーケンシャルリードで220MB/sオーバーを記録し、ライトでも約140MB/s以上を実現しており、性能的には、ほぼ同程度となっている。この速度は、SeagateのBarracuda 7200.12やWestern DigitalのWD VelociRaptorなどのHDDの性能を凌駕しており、4KBのランダムリード/ライト性能でも上記HDD2製品を上回る。最新の大容量キャッシュ搭載SSDはHDD以上の性能を実現し、現在のストレージの中でも最高性能を実現していると言える。

 一方、JMF602搭載のCFD販売のSSD-Jは、シーケンシャルリードこそ約156MB/sを記録し、Barracuda 7200.12の約136MB/sやWD VelociRaptorの約116MB/sよりも高速だが、シーケンシャルライトは約93MB/s止まりで、いずれも120MB/sオーバーの速度を実現している上記2製品よりも遅い。しかも、4KBのライトは、1.74MB/sで、上記2製品と同程度にとどまる。低価格な製品では、SSDと言えどもHDDに劣る場面があるということだ。

 逆に考えると、Barracuda 7200.12のやWD VelociRaptorなどのHDDは、旧世代の安価なSSDに近い性能を持つ製品と考えることもできる。Barracuda 7200.12は、7,200rpmのHDDながら最新の500GBプラッタを採用したことにより、シーケンシャルアクセス速度が低価格のSSDと同等近くに達している。また、WD VelociRaptorは、Barracuda 7200.12と比較すると、シーケンシャル性能で見劣りするが、これは、採用しているプラッタ技術が500GBプラッタ世代と比較して1世代前になることと、小型の2.5インチプラッタを採用しているためだ。
image
【共通検証環境】
CPU:Intel Core 2 Duo E4500(2.2GHz)
マザーボード:ASUSTeK P5Q(Intel P45+ICH10R)
メモリ:ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB×2
ビデオカード:NVIDIA GeForce 8600 GTリファレンスカード
システムHDD:日立GST Deskstar T7K500 HDT725025VLA380(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
AHCIモードにて計測
暗騒音:28.1dB
騒音測定距離:HDD前面から約2cm
image高級 HDD
記録容量が多い(2TBクラスが存在する)
低価格SSDを上回る性能を持つものもある
信頼性は高め
image高級 SSD
記録容量は少なめ
最速クラスの性能を実現
価格は非常に高い
Intel
X25-E Extreme SATA SSD SSDSA2SH064G1C5
実売価格:90,000円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/
64GB SLC Serial ATA 2.5
imageSLCチップ採用のサーバー向けSSD
SLCタイプのNAND型フラッシュメモリを採用したサーバー向けのハイエンドSSD。10チャンネル並列アクセスの自社製NANDメモリコントローラを採用し、キャッシュも搭載する
Western Digital
WD VelociRaptor WD3000HLFS
実売価格:28,000円前後
問い合わせ先:なし
URL:http://www.wdc.com/jp/
300GB 10,000rpm Serial ATA 2.5
image10,000rpmのハイエンド向けHDD
高信頼性、高性能を特徴としたハイエンドHDD。回転数は10,000rpmで、高性能を実現するために容量を抑えた2.5インチタイプとして設計されている
image低価格 HDD
記録容量は普通(1TBクラスが1万円以下で手に入る)
回転数が低く、性能が低い
信頼性は普通
image低価格 SSD
記録容量が少ない
性能は高め(とくにランダムアクセス)
プチフリーズの危険性がある
CFD販売
SSD-J CSSD-SM64NJ
実売価格:14,000円前後
問い合わせ先:052-619-1560
URL:http://www.cfd.co.jp/
64GB MLC Serial ATA 2.5
image容量単価重視の低価格SSD
低価格SSDの代名詞的存在となったJMicronのNANDメモリコントローラ「JMF602」を採用したMLCタイプのSSD。8チャンネル並列アクセスで高速化を図っている
Seagate
Barracuda 7200.12 ST3500418AS
実売価格:6,000円前後
問い合わせ先:なし
URL:http://www.seagate-asia.com/japan/
500GB 7,200rpm Serial ATA 2.5
image500GBプラッタ採用のHDD
現時点での最大となる「500GB」の記録容量のプラッタを採用した最新世代の3.5インチHDD。回転数は7,200rpmで、安価ながら現在のHDDの中では最速クラスの性能を実現している
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス