特集
高級パーツ vs. 低価格パーツ
CPU対決 1/3
CPU対決 2/3
CPU対決 3/3
マザーボード対決 1/5
マザーボード対決 2/5
マザーボード対決 3/5
マザーボード対決 4/5
マザーボード対決 5/5
ビデオカード対決 1/4
ビデオカード対決 2/4
ビデオカード対決 3/4
ビデオカード対決 4/4
ストレージ対決 1/4
ストレージ対決 2/4
ストレージ対決 3/4
ストレージ対決 4/4
ケース対決 1/3
ケース対決 2/3
ケース対決 3/3
電源対決 1/3
電源対決 2/3
電源対決 3/3
液晶ディスプレイ対決 1/3
液晶ディスプレイ対決 2/3
液晶ディスプレイ対決 3/3
CPUクーラー対決 1/2
CPUクーラー対決 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
高級パーツ vs. 低価格パーツ 2009
マザーボード対決
TEXT:鈴木雅暢
ROUND6 インターフェースの種類
チップセット+αの高級品 低価格品はチップセットしだい
 地味だが自作PCの使い勝手に大きく影響する部分が、ストレージ用インターフェースやバックパネルI/O部で、製品によってかなり差がある部分でもある。

 ストレージに関しては、低価格品では基本的にチップセットの機能そのままであり、とくにIntelチップセット搭載の低価格品ではSerial ATAのポート数も少なく、AHCIやRAIDにも対応しない製品が多い。高級品ではチップセットの機能に加えてさらにRAIDコントローラを搭載しており、Serial ATAを10ポート以上搭載するような製品もある。

 高級品はオンボードデバイスの数が多い分、バックパネルのインターフェースも充実している。一般的なミドルレンジクラスの内容としては、6~10基のUSB 2.0ポート、eSATA、PS/2、有線LAN、サウンド端子としてアナログで8チャンネル出力と光角型のS/P DIF出力を備えるのが標準的な構成。高級品ではさらに追加の有線LAN、無線LANアンテナ端子、複数のeSATAポート、IEEE1394(4ピンあるいは6ピン)、S/P DIF入力、CMOSクリアスイッチなどが加わる。複数の有線LAN(1000BASE-T)を束ねて高速通信を可能にするTeaming機能のサポートも流行している。また、USBポートなどがチップセットやオンボードデバイスのサポート数上限まできっちりとブラケットケーブルで追加できるようになっていることが多い。ただ、ブラケットは拡張スロットのスペースを占有してしまうし、ケース内部でよけいなケーブル接続が発生するためエアフローの妨げにもなり、単純に多ければよいというものではないだろう。
ASUSTeK
P6T Deluxe V2
実売価格:35,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)
URL:http://www.asus.co.jp/
LGA1366 X58+ICH10R
imageストレージ機能が充実のハイエンドマザー
X58+ICH10Rを搭載したハイエンドマザーボード。eSATA/IDEコントローラを搭載しており、6ポートのSerial ATA 2.5ポート、eSATA/IDEを各1ポートと充実のストレージインターフェースを備える
image
ストレージ用インターフェース
imageSerial ATA
HDD、SSD、光学ドライブなど、あらゆるストレージの主力となっている。ポートの数だけでなく、AHCI対応、RAID対応もチェックしたい
imageSAS
Serial ATAと物理的に互換性を持つSCSIベースのインターフェース。サーバー向けの信頼性が高い高速HDDが利用できる点が魅力
imageIDE
かつての主力ストレージインターフェース。Intelのサポートから外れて久しいが、多くの製品で別途オンボードチップでフォローされている
バックパネルインターフェース
imageeSATA
Serial ATAの外付け版。内蔵用Serial ATAと同等の速度で外部ストレージ機器と接続が可能な点がメリット。ノートPCでも採用が進んでいる
imageLAN
有線LAN用コネクタ。ギガビットLAN(1000BASE-T)対応が主流。複数ポートを同時利用し、数倍の速度を実現する機能を持つものもある
imageサウンド
ライン入力、ライン出力、マイク入力に、センター/サブ、サイド、リアのサラウンド出力の計6コネクタが基本。S/P DIF出力付きも多い
imageCMOSクリアボタン
オーバークロック用途を強く意識した製品の中には、CMOSクリア作業がやりやすいようCMOSクリア用のボタンを装備する製品もある
 一方、低価格品は、比較的新しいチップセットを搭載した製品であればミドルレンジクラスに近い構成であることもあるが、激安クラスではチップセット、マザーボード基板設計ともに旧世代からの流用であることが多く、旧来のシリアルやパラレルといったポートが残っていたり、USB 2.0ポートが少ないなど古さを感じる構成となっていることがある。

 グラフィックス機能を内蔵するチップセットを搭載したマザーボードの場合は、映像出力にも注目したい。これは高級品・低価格品の差と言うよりもチップセットの差によるところが大きいが、製品選びの際の非常に重要なポイントであることは間違いない。というのも、デジタルで表示する液晶ディスプレイの場合、デジタル→アナログ→デジタルの変換が必要なアナログ出力ではどうしても画質が劣化してしまい、デジタルで直接接続するほうが画質が格段にクリアであるからだ。

 AMDやNVIDIAのグラフィックス機能内蔵型チップセットの多くは、UVD/UVD2、そして第2世代PureVideo HDといったH.264などのハードウェアデコード機能を含むHD動画再生支援機能を持つ。標準で著作権保護機能のHDCPにも対応し、デジタル出力用のトランスミッタも内蔵しているため、低価格でもHDMIやDVI出力を持つ製品が多い。一方、Intelのチップセット搭載製品でそれと同等の機能を持つのは比較的高価なG45チップセット搭載製品のみであり、安価なG31チップセットなどを搭載した製品では映像出力がアナログ出力のみという製品も少なくない。DVIの後継に期待されているDisplayPortを備える製品はマザーボードに限らずまだ少ないが、液晶ディスプレイ側の普及状況と合わせて今後の動向が注目される。
映像出力インターフェース
imageDsub 15ピン
PC用ディスプレイへのアナログ出力用の標準的なコネクタ。アルファベットの「D」の字を横にしたような台形状のシールドが名称の由来
imageDVI
PC用ディスプレイへのデジタル出力用のコネクタ。アナログ信号も送れるDVI-I(29ピン)とデジタルのみのDVI-D(25ピン)の2種類がある
imageHDMI
家電機器向けの標準デジタルインターフェース規格。映像と音声両方の信号を伝送でき、著作権保護技術のHDCPに標準対応している
imageDisplayPort
DVIの置き換えを目的として開発された新世代のPC用ディスプレイ向けデジタルインターフェース規格。映像/音声信号を高速に伝送可能
GIGABYTE
GA-EG45M-UD2H (rev. 1.0)
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:03-5812-5820(リンクスインターナショナル)
URL:http://club.gigabyte.co.jp/
LGA775 G45+ICH10R
image映像出力端子を3系統備えた充実のmicroATXマザー
G45+ICH10Rチップセットを搭載するmicroATXマザー。バックパネルには6基のUSB 2.0、eSATA、IEEE1394、S/P DIF出力に加え、Dsub 15ピン、DVI-D、HDMIと3系統の映像出力を備える
image
GIGABYTE
GA-G31M-ES2L (rev. 1.0)
実売価格:7,500円前後
問い合わせ先:03-5812-5820(リンクスインターナショナル)
URL:http://club.gigabyte.co.jp/
LGA775 G31+ICH7
imageバックパネルがちょっと寂しい激安マザーボード
G31+ICH7チップセットを搭載する激安microATXマザーボード。バックパネルはシリアル、パラレルなど旧世代を感じさせる最小限の内容で、映像出力はDsub 15ピンのみ、USB 2.0ポートも4基のみ
image
結論
低価格品の中で差が大きい
とくにIntelチップセットを搭載した低価格品がかなり貧弱な一方で、NVIDIAやAMDチップセット搭載した低価格品は高級品ともそれほど差はないことも多い。高級品との差より、低価格品の中での格差が大きい印象だ。
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス