特集
ついに登場したPhenom II CPUの勢力図はどうなる?
Phenom IIのアーキテクチャはこう変わった
Phenom IIのパフォーマンスを見る 1/3
Phenom IIのパフォーマンスを見る 2/3
Phenom IIのパフォーマンスを見る 3/3
Phenom IIvs.Core 2/i7 ベンチマーク大検証“表” 1/2
Phenom IIvs.Core 2/i7 ベンチマーク大検証“表” 2/2
Phenom IIvs.Core 2/i7 ベンチマーク大検証“裏” 1/2
Phenom IIvs.Core 2/i7 ベンチマーク大検証“裏” 2/2
Phenom II対応マザーとCore 2対応マザーを比較 その差を見きわめる
Phenom II対応マザー vs. Core 2対応マザー 3本勝負! 1/2
Phenom II対応マザー vs. Core 2対応マザー 3本勝負! 2/2
BIOSアップデートでPhenom IIに対応させる
BIOS設定でPhenom IIのポテンシャルを引き出す
どのクアッドコアで組む? 最新自作レシピ 1/3
どのクアッドコアで組む? 最新自作レシピ 2/3
どのクアッドコアで組む? 最新自作レシピ 3/3
旧世代マシンにおけるPhenom IIアップグレード指南 1/2
旧世代マシンにおけるPhenom IIアップグレード指南 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
対決 PhenomII vs. Core 2 Quad
TEXT:宮崎真一
動かない! 認識しない!を克服
BIOSアップデートでPhenom IIに対応させる
image現在利用しているマシンにPhenom IIを導入する上で忘れてはならないのがBIOSアップデート。各メーカーともに対応BIOSを用意し、Phenom IIを使用可能にしている。ここでは、そのBIOSアップデート方法について解説しよう。
BIOSバージョンによっては動作しないことも
 そもそも対応BIOSを使わなかった場合に、どのような不都合が起きるのだろうか? 可能性として、まったく起動しないばかりか、最悪の場合、CPU電圧などのBIOS設定がPhenom IIに適したものにならず、CPUを破損させてしまうこともあり得る。とまぁこれは極端な例だが、多くの場合、CPUを正常に認識できず、動作が不安定になったり、性能が出なかったりする。そのため、やはり新CPUを使うならBIOSアップデートは欠かせないものだ。

 アップデートのときに困るのが、新CPUを使った結果、まったくマシンが起動せず、BIOS設定画面にすら入れない場合だ。そのままBIOS設定に入ることができれば、アップデートを継続できるが、それがムリなときは動作するCPUを別途用意しなければならない。

 対応BIOSについては、すでに各社がWebサイトで公開しており、入手すること自体は難しくないはずだ。
imageWebページにてPhenom II対応BIOSを入手
Phenom IIがリリースされ、多くのマザーメーカーのWebサイトには、対応BIOSの特設ページが設置されている
各社のPhenom II対応マザーボードリスト
ASUSTeK http://event.asus.com/mb/AM3_CPU_Support/
同社R.O.G.シリーズでnForce 780a SLIを搭載した「Crosshair II Formula」など、代表的な製品は対応済み。
BIOSTAR http://www.biostar.com.tw/app/en-us/
event/IntelAMDAM2/AMDAM3.html
こちらに掲載しているTA790GX XEがリストアップされている。新発売の製品でも更新は必要なようだ。
ECS http://www.ecs.com.tw/extra/2008/AM3/index.html
好評を博したBlack SeriesのGeForce 8200搭載低価格ATXマザー「GF8200A(V1.0)」などが対応。
GIGABYTE http://www.gigabyte.com.tw/FileList/WebPage/
mb_081225_am3/tech_081225_am3bios.htm
GA-MA790FX-DQ6(rev. 1.0)といった第1世代Phenom登場時にリリースされた製品も多数対応。
Jetway http://www.jetway.com.tw/jw/Support_AM3.asp
驚くべきことにNVIDIA NF6100-430といったかなり古めのチップセットを搭載した製品も対応。
MSI http://www.msi-computer.co.jp/support/Phenom II/index.html
DKA790GX(790GX)やK9A2 Platinum(790FX)など、対応製品の数は非常に多い。
image image
PCがまったく起動しない!
AM2+プラットフォームに対応していないマザーボードでは、Phenom IIを装着してもまったくPCが起動しない場合もあり得る
電源は入るけどCPU名がオカシイ
Phenom IIに対応していないBIOSでは、PCが起動してもCPUを正常に認識できず、「unknown」などと表示されることになる
image image
image
Phenom IIより古いCPUを使う
Phenom IIで動作しなかった場合、BIOSアップデートを行なうために、問題なく動作するAthlon X2などのCPUを別途用意する必要がある
image
最新BIOSに更新する
image下に掲載しているように、対応BIOSへのアップデートが成功すれば、しっかりとCPU名が表示される。これで動作不良などの不安要素に悩まずにすむ
Windows上からBIOSアップデート ASUSTeK M4A79 Deluxeの場合
ASUS UpdateでラクにBIOSアップデート
 ここではASUSTeKのAMD 790FXマザー「M4A79 Deluxe」を例に話を進める。ASUSTeKは、Windows上からBIOSアップデートが行なえる独自ユーティリティ、ASUS Updateを用意しているのでこれを使う。まず、同社のWebサイトから最新バージョンのBIOSファイルをダウンロードしておく(自動ダウンロードだとつながらないことも多いため)。ASUS Updateでは、ウィザードに従って作業を進めていくだけでBIOSアップデートが完了する。しかし、アップデート中にPCがフリーズするとBIOSが損傷し、起動できなくなってしまう場合もあるので、オーバークロックなどを行なっているのであれば、設定を規定値に戻しておくほうがよいだろう。
image1 ASUS Updateからメニューを選択
今回は、あらかじめBIOSファイルを同社のWebサイトからダウンロードしておき、プルダウンメニューで「ファイルからBIOSをアップデート」を選択する
image2 BIOSファイルを選択する
「進む」をクリックし、用意しておいたBIOSファイルを指定する。今回はM4A79-Deluxe-0801.ROMが新しいバージョンのBIOSファイルだ
image3 実行前にBIOSのバージョンを確認
BIOSファイルを読み込んだ後、「BIOS ROM情報」で現在のBIOSのバージョンを確認でき、「BIOSイメージ情報」でアップデート後のバージョンを確認できる
image4 更新が完了したら再起動する
「更新」をクリックするとBIOSアップデートが始まり、終了後再起動を促される。再起動後は安全のためBIOS設定で「Load Setup Defaults」を行なって初期化しておくこと。各項目も再設定しよう
BIOS上からBIOSアップデート ASUSTeK M4A79 Deluxeの場合
ASUS EZ Flash 2はUSBメモリも使える
 ASUSTeK製マザーには、BIOS設定画面からBIOSを更新できるASUS EZ Flash 2が用意されたモデルが多い。M4A79 Deluxeの場合、Toolsのサブメニューにその項目が用意されており、ここで「ASUS EZ Flash 2」にカーソルを合わせ、[Enter]キーを押せばユーティリティが起動する。あらかじめBIOSファイルを用意しておく必要があるのだが、EZ Flash 2はUSBメモリも参照できるため、BIOSアップデートを行ないやすい。USBメモリを使う場合はPC起動前に挿しておこう。また、EZ Flash 2は、ASUS Updateに比べてWindowsを起動する手間が省ける上、Windowsのインストール前にBIOSアップデートできるというメリットがある。
image1 まずはASUS EZ Flash 2を起動する
EZ Flash 2はBIOS設定画面のToolsのサブメニューに用意されている。「ASUS EZ Flash 2」にカーソルを合わせて[Enter]キーを押せば起動できる
image2 BIOS更新ファイルを表示させる
今回の環境では、USBメモリはDドライブとして認識されている。[Tab]キーを押し、Dドライブにカーソルを移すと、BIOSファイルが表示される
image3 ファイルを選択し更新を実行
BIOSファイルを選択し、[Enter]キーを押すと、BIOSアップデートを行なうかどうかを問われる。「Yes」を選択すればアップデートが始まる
image4 更新後は再起動して初期化を
画面下部でBIOSアップデートの進捗が確認できる。再起動を促すダイアログが表示されればアップデートは完了だ。再起動後は「Load Setup Defaults」を忘れずに
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス