特集
2009年の自作PCを考える
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
マザーボード編 1/5
マザーボード編 2/5
マザーボード編 3/5
マザーボード編 4/5
マザーボード編 5/5
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
HDD編 1/2
HDD編 2/2
SSD編 1/3
SSD編 2/3
SSD編 3/3
BDドライブ編
サウンドカード編
テレビキャプチャデバイス編 1/2
テレビキャプチャデバイス編 2/2
ケース編 1/3
ケース編 2/3
ケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
ベアボーンPC編
液晶ディスプレイ編 1/3
液晶ディスプレイ編 2/3
液晶ディスプレイ編 3/3
CPUクーラー編 1/3
CPUクーラー編 2/3
CPUクーラー編 3/3
そのほかのパーツ編 1/3
そのほかのパーツ編 2/3
そのほかのパーツ編 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2009
液晶ディスプレイ編
TEXT:宇野貴教
ハンファ・ジャパン
UM-710
実売価格:16,000円前後
問い合わせ先:下記Webサイトのフォームから
URL:http://www.hanwha-japan.com/
7型ワイド 16:9 USB
image
解像度にマッチしたパネルサイズで、サブディスプレイとして使っても違和感がない。いろいろと有効活用できるデバイスだ
カーナビサイズの7型USBディスプレイ
ハンファ・ジャパンの「UM-710」はセンチュリーと同じUSB接続のディスプレイだ。800×480ドットという解像度も同じだが、UM-710はパネルサイズが7型ワイドと大きいため、表示が見やすいのが特徴である。付属のスタンドは横位置、縦位置の両方に対応する。

 電源はUSBバスパワー動作だが、安定動作のため二つのコネクタからの電源供給が推奨されている。視野角は水平130゚、垂直110゚とやや狭く、とくにピボット(縦位置)で利用する際は50cm以上離れて使わないと、色変化が目立つ印象を受ける。その代わりパネルサイズが大きめなので、アプリケーションのボタン操作などはやりやすく、レタッチソフトのパレット置き場などに重宝するだろう。
image右側面に電源スイッチと輝度調整ボタンを備えている
imageUSBは2コネクタに分岐されており、片方は電力供給用だ
image付属のスタンドは横置き、縦置き両方に対応する。高さ調整も可能
image後部の固定具で高さを調整する。固定した状態でもパネル部分は回転できる
最大表示解像度:800×480ドット
応答速度:20ms(最大30ms)
輝度:350cd/m2
コントラスト比:400:1
インターフェース:USB 2.0
本体サイズ(W×D×H):195×97.5×180.2~209mm
三菱電機
VISEO MDT243WG
実売価格:105,000円前後
問い合わせ先:03-3424-9298
URL:http://www.mitsubishielectric.co.jp/
24.1型ワイド 16:9 HDMI
image
ベゼルは光沢仕上げとなっているが、光沢なしモデルも限定3,000台で用意される。採用パネルは16:10で1,920×1,200ドット
動画再生モードが強力な高級モデル
三菱電機の「VISEO MDT243WG」は、24.1型ワイドのVAパネルを採用し、豊富なAV入力端子を装備する高級モデルだ。前モデル「MDT242WG」でも搭載されていた動画再生時のブレを抑えるMPモードが「MP ENGINE II」になり、輝度が20%アップしたほか、MPモードやプリセットモードで設定した輝度が保存されるようになった。それ以外の仕様はほぼ同等で、輝度500cd/m2、D5端子やHDMI入力2系統といった強力なAV機器向け機能は継承されている。

 実売価格は10万円強でTNパネル搭載の低価格モデルの倍以上だが、豊富な入力端子や視野角の広さなど、本機ならではの要素は多い。
imageOSD操作ボタンはかなり小さく使いづらいが、付属のリモコンなら快適に操作できる
imagePC系の入力端子は背面、AV系の入出力端子は左側面に配置されている
imageOSDによる画質調整項目はかなり豊富。プリセットモードも多数用意される
imagePinP機能により指定した入力端子の映像を子画面として重ねて表示できる
最大表示解像度:1,920×1,200ドット
応答速度:中間色域6ms
輝度:500cd/m2
コントラスト比:1,000:1(CRO 2,000:1)
インターフェース:DVI-D(HDCP)×1、Dsub 15ピン×1、HDMI×2、コンポーネント(D5)×1、S-VIDEO/VIDEO IN×1、LINE IN×3、LIN
E OUT×1、ヘッドホン×1、S/P DIF OUT(光角型)×1
本体サイズ(W×D×H):558.5×270×401.4~460.3mm
EIZO
FlexScan HD2452W
実売価格:120,000円前後
問い合わせ先:0120-956-812
URL:http://www.eizo.co.jp/
24.1型ワイド 16:10 HDMI
imageゲームに特化した高級モデル
VAパネルを採用する24.1型の高級モデルで、ゲーム機器との接続を強く意識した作りになっている。入力端子はDsub 15ピンとDVI-DのほかにHDMIを二つ、D4端子、S-VIDEO/VIDEOと豊富なほか、内部の映像処理をスキップして表示遅延を最大2フレーム(約33ms)短縮するスルーモードを備え、家庭用ゲーム機器でアクションゲームをプレイする際に魅力的な機能である。拡大表示機能も充実している。
imageOSDはタッチセンサー式。付属のリモコンも使いやすい
imageHDMIやD端子などのAV機器対応入力を多数備える
imageタッチセンサーに合わせて、OSD項目も横に並んでいる
最大表示解像度:1,920×1,200ドット
応答速度:16ms(中間色域6ms)
輝度:450cd/m2
コントラスト比: 1,000:1(コントラスト拡張 3,000:1)
インターフェース:USB 2.0×2、DVI-
D(HDCP)×1、Dsub 15ピン×1、H
DMI×2、コンポーネント(D4)×1、S-VIDEO/VIDEO IN×1、LINE IN×2、LINE OUT×1、ヘッドホン×1
本体サイズ(W×D×H): 566×230×363~480mm
HP
w2448hc
直販価格:59,850円
問い合わせ先:0120-111-238(日本HP)
URL:http://www.hp.com/jp/
24型ワイド 16:10 HDMI
image広色域でオーバードライブ回路を搭載
アスペクト比16:10、解像度1,920×1,200ドットの24型ワイドディスプレイで、NTSC比92%の広色域パネルを採用する。オーバードライブ回路を搭載し、中間階調域で3msの応答速度を実現するなど、ミドルレンジモデルとして申し分ないスペックである。常時点灯するドットが一つでもあると無償交換できる「輝点ゼロ保証」というユニークな保証制度があり、常時点灯ドットが心配な人でも安心だ。
image大型のボタンを装備し、OSD操作は快適に行なえる
imageWebカメラを搭載するため、USB端子を装備する
imageOSDメニューはかなり豊富。アスペクト比固定拡大も対応
最大表示解像度:1,920×1,200ドット
応答速度:中間色域3ms
輝度:400cd/m2
コントラスト比:1,000:1(ダイナミックコントラスト 3,000:1)
インターフェース:USB 2.0×3、DVI-D(HDCP)×1、Dsub 15ピン×1、HDMI×1、LINE IN×1
本体サイズ(W×D×H): 586×289×415~500mm
iiyama
ProLite E2607WS
実売価格:44,000円前後
問い合わせ先:03-3570-6374
URL:http://www.iiyama.co.jp/
25.5型ワイド 16:10 HDMI
image25.5型パネルの低価格モデル
25.5型ワイドというパーソナル用途では最大クラスの大型パネルを採用し、価格を4万円台に抑えた意欲的な製品。背面にステレオスピーカーを搭載する。コントラスト比を向上するACR(Advanced Contrast Ratio)機能やオーバードライブ回路など、画質向上のための機能が用意されているのがうれしいポイント。映像入力を切り換えた際のレスポンスが遅いのは気になるが、大型パネル採用機が欲しい人には魅力的な存在である。
imageOSD操作ボタンは右下にあり、ボタンを下から押すタイプ
imageDVIコネクタの直下に台座があり、ここだけ挿しにくい
imageOSDメニューはシンプルだが、操作性はあまりよくない
最大表示解像度:1,920×1,200ドット
応答速度:中間色域2ms
輝度:300cd/m2
コントラスト比: 1,000:1(ACR 4,000:1)
インターフェース: DVI-D(HDCP)×1、Dsub 15ピン×1、HDMI×1、LINE IN×1
本体サイズ(W×D×H): 597.5×238×460.5mm
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス