特集
2009年の自作PCを考える
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
マザーボード編 1/5
マザーボード編 2/5
マザーボード編 3/5
マザーボード編 4/5
マザーボード編 5/5
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
HDD編 1/2
HDD編 2/2
SSD編 1/3
SSD編 2/3
SSD編 3/3
BDドライブ編
サウンドカード編
テレビキャプチャデバイス編 1/2
テレビキャプチャデバイス編 2/2
ケース編 1/3
ケース編 2/3
ケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
ベアボーンPC編
液晶ディスプレイ編 1/3
液晶ディスプレイ編 2/3
液晶ディスプレイ編 3/3
CPUクーラー編 1/3
CPUクーラー編 2/3
CPUクーラー編 3/3
そのほかのパーツ編 1/3
そのほかのパーツ編 2/3
そのほかのパーツ編 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2009
TEXT:保坂陽一
ベアボーンPC編
imageAtomの登場でMini-ITX環境が本格的に普及し、画一的だったベアボーンPC市場の幅が広がりつつある。ベアボーンでとくに注目されるのは省スペース性と拡張性という相反した要素。それぞれの製品の特性を理解して自分に合ったベストな1台を見付けたい。
最低限の拡張性がベアボーンの生命線
 2008年は小型フォームファクターとしてMini-ITXが大きく躍進し、省スペース性をウリにした製品が多くを占めるベアボーン市場にも大きな影響を与えることとなった。と言うのも、単に省スペース性という点だけを見ると、定番のキューブタイプベアボーンもMini-ITXに一歩劣るようになってしまったからだ。

 しかし、それによって逆に際立った部分もある。Mini-ITXタイプでは仕様上拡張スロットを1本しか用意できないため、カード増設に関しての自由度が低い。そもそも小型タイプのケースでは拡張スロットが使えないものも多く、さらに言えばCPUはAtomなどをオンボードで搭載しているものがほとんどで、当然ながらCPUをアップグレードできない。そのため、ある程度用途を割り切っておかないと長く使うことは難しい。その点をかんがみれば、PCI Express x16やPCIスロットをしっかりと活用でき、CPUも交換できるMini-ITXを超えるサイズの従来型ベアボーンPCのメリットが浮き彫りになってくるのだ。

 また、オンボードグラフィックスの性能も気になるところだが、そこそこの性能を持つG45などの最新チップセットを採用したものはやや高価。そういった事情から、古い世代のG31や945GC採用モデルはいまだに根強い人気を誇っている。
製品選びのポイント
拡張性を見きわめた上での選択が重要
imageMini-ITXなどの超小型ベアボーンはそのコンパクトさゆえに拡張性を望むのは厳しい。どうしても増設が必要な場合はUSB機器などを使う必要がある。一方、キューブタイプなどのベアボーンには、拡張スロットやドライブベイの数など、Mini-ITXにはない拡張性の高さがある。自分が何を必要とするか、しっかりと見きわめたい。
Shuttle
XPC Glamor SG31G2
実売価格:25,000円前後
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://jp.shuttle.com/
Intel G31+ICH7 LGA775
image45nm世代のCPUも使える高コストパフォーマンスキューブ
G31は2世代前のチップセットであり、本製品も新しいというわけではないが、45nmプロセスの最新世代CPUを使えるのが魅力。定番のスタンダードボディを採用し、バックパネルにはDVIとDsub 15ピンを装備。PCI Express x16スロットとPCIスロットも使用可能だ。そして、5インチ+3.5インチ+シャドーの堅実なベイ構成で2万円台というお手頃さが魅力的である。性能と省電力性のどちらを追求するか、CPUによって好みの色に染め上げたいところ。搭載電源の出力も250Wと十分でバランスの取れた名機と言えるだろう。
image冷却機構は排気ファンとCPUクーラーが一体化したもの。BIOSからファンの動作モードを選ぶこともでき、静音性を重視したいユーザーも安心だ
対応CPU:C2D/Quad、Pentium DC、Celeron
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SDRAM×2(最大4GB)
拡張ベイ:5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×1
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI×1
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×3、Ultra ATA/100×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、IEEE1394×1、Dsub 15ピン×1、DVI-D×1
LAN:1000BASE-T×1
付属電源:250W
サイズ(W×D×H):200×300×185mm
AOpen
MP45-D BLACK
実売価格:48,000円前後
問い合わせ先:info@aopen.jp(エーオープンジャパン)
URL:http://aopen.jp/
Intel GM45+ICH9M Socket P HD動画再生支援
imageモバイル版CPUに対応した超コンパクトモデル
お弁当箱サイズの非常にコンパクトなベアボーンで、ノートPC向けのモバイル版Core 2 Duoを搭載可能。GM45チップセットを採用しており、拡張スロットとしてPCI Express Mini Cardスロットを2基備えているのが特徴だ。また、ディスプレイ出力にはDVI端子を備えており、DVI-HDMI変換アダプタや、DVI+Dsub 15ピンのデュアル出力を可能にする変換ケーブルも付属している。電源は90WのACアダプタを採用。
imageeSATAポートも装備し、コンパクトなサイズながら必要なインターフェースをしっかりと備えている
対応CPU:C2D(モバイル版)
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SO-DIMM×2(最大4GB)
拡張ベイ:5インチベイ(スリム)×1、シャドーベイ(2.5インチ)×1
拡張スロット:PCI Express Mini Card×2
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×2、eSATA×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、DVI-I×1
LAN:1000BASE-T×1
付属電源:90W
サイズ(W×D×H):165×165×50mm
ASUSTeK
T3-M3N8200
実売価格:21,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)
URL:http://www.asus.co.jp/
NVIDIA GeForce 8200 Socket AM2 HD動画再生支援
imageミニタワータイプのGeForce 8200搭載モデル
GeForce 8200を搭載した、Socket AM2対応モデル。T3シャーシと呼ばれる、やや縦長のミニタワーケースを採用しており、筐体側面がトビラ式に展開するバタフライ構造となっている。電源はATXタイプを搭載しているので、内部はやや手狭だが、PCI Express 2.0 x16とPCIスロットを使用可能で、メモリスロットも4本装備。メモリカードリーダーやHDMI出力を備えるほか、動画再生支援機能のPureVideo HDにも対応。
image内部のシャーシを開くことでマザーボードにアクセス可能なおもしろい構造。メンテナンス性も高い
対応CPU:Athlon、Sempron
メモリスロット:PC2-8500 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
拡張ベイ:5インチベイ×1、シャドーベイ×2
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI×1
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×3、Ultra ATA/133×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、IEEE1394×1、Dsub 15ピン×1、HDMI×1
LAN:1000BASE-T×1
付属電源:300W
サイズ(W×D×H):175×360×290mm
Shuttle
XPC Glamor SG45H7
実売価格:44,000円前後
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://jp.shuttle.com/
Intel G45+ICH10 LGA775 HD動画再生支援
imageDirectX 10&HD動画再生支援機能をサポート
HD動画の再生支援機能をサポートするG45チップセットを採用した、Shuttleの最新モデル。電源出力は300Wで、Core 2 Quadも安心して使える。メモリスロットを4本備え、最大16GB搭載可能。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16+PCIスロットと利用価値の高い構成がうれしいところ。映像出力インターフェースにはHDMIとDsub 15ピンを備えているが、HDMI-DVI変換アダプタも付属しているので汎用性も高い。
imageバックパネルにはeSATAポートを2基も搭載しており、キューブタイプの中でも拡張性はピカイチだ
対応CPU:C2D/Quad、Pentium DC/4、Celeron
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SDRAM×4(最大16GB)
拡張ベイ:5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×1
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI×1
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×3、eSATA×2、Ultra ATA/100×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、IEEE1394×1、Dsub 15ピン×1、HDMI×1
LAN:1000BASE-T×1
付属電源:300W
サイズ(W×D×H):200×310×185mm
Shuttle
X27D
実売価格:23,000円前後
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://jp.shuttle.com/
Intel 945GC+ICH7 オンボードCPU
imageデュアルコアAtom採用の省スペースモデル
デュアルコアのAtom 330を搭載したベアボーン。ストレージは2.5インチHDDとスリム光学ドライブのみという割り切った構成で、省スペース性を追求したものとなっている。メモリは1スロットで最大2GB、拡張スロットも備えていないので、用途はかなり限定されるが、DVI出力を備えているのは大きなアドバンテージ。電源には60WのACアダプタが付属しており、省電力小型PCとしての価値は高い。
imageチップセットクーラーにファンを装備し、パッシブタイプのCPUクーラーの冷却も兼ねている
対応CPU:Atom 330(1.6GHz)オンボード搭載
メモリスロット:PC2-4200 DDR2 SDRAM×1(最大2GB)
拡張ベイ:5インチベイ(スリム)×1、シャドーベイ(2.5インチ)×1
拡張スロット:-
ストレージインターフェース:Serial ATA 2.5×2、Ultra ATA/100×1
背面インターフェース:USB 2.0×4、Dsub 15ピン×1、DVI-D×1
LAN:1000BASE-T×1
付属電源:60W
サイズ(W×D×H):185×250×70mm
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス