特集
2009年の自作PCを考える
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
マザーボード編 1/5
マザーボード編 2/5
マザーボード編 3/5
マザーボード編 4/5
マザーボード編 5/5
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
HDD編 1/2
HDD編 2/2
SSD編 1/3
SSD編 2/3
SSD編 3/3
BDドライブ編
サウンドカード編
テレビキャプチャデバイス編 1/2
テレビキャプチャデバイス編 2/2
ケース編 1/3
ケース編 2/3
ケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
ベアボーンPC編
液晶ディスプレイ編 1/3
液晶ディスプレイ編 2/3
液晶ディスプレイ編 3/3
CPUクーラー編 1/3
CPUクーラー編 2/3
CPUクーラー編 3/3
そのほかのパーツ編 1/3
そのほかのパーツ編 2/3
そのほかのパーツ編 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2009
マザーボード編
TEXT:宮崎真一
AMD CPU対応マザーボード
 AMD CPU対応マザーは、Intel CPU向けのものに比べるとハイエンドモデルの種類が少ない。だが、4枚のビデオカードによるCrossFireXや3-way SLIなど、マルチGPU環境に特化した製品も見られ、コストパフォーマンスの高いPhenom X4シリーズと組み合わせて、高性能なマシンを比較的安価に構築できる。その一方で、AMD 790GXやGeForce 8300などといった統合型チップセットを搭載したローエンドモデルはかなり充実している。これらチップセットでは、Hybrid GraphicsやGeForce Boostに対応したビデオカードを装着することでグラフィックス性能を底上げできる。さらに、内蔵グラフィックスの性能を重視するのであれば、専用のビデオメモリとなるLFB(ローカルフレームバッファ)を搭載したモデルも見逃せない。現状LFBを利用できるのはAMD 790GXと780Gのみだが、LFBがあると描画性能が向上するばかりか、UMAによるメインメモリへのアクセス頻度が減るのでシステム全体の性能向上も期待できる。
image高性能で低価格なCPUがオイシイ
AMD CPUは現状最上位モデルのPhenom X4 9950 Black Editionでさえ実売で2万円を切っており、コストパフォーマンスは非常に高い。ハイエンドマザーボードと組み合わせて、コストを抑えつつも高性能なマシンを狙うにはうってつけだ
imageLFB付きマザーで性能アップ
AMD 790GXや一部のAMD 780G搭載マザーボードでは、内蔵グラフィックスコアの専用ビデオメモリとなるLFBを搭載している。実装メモリはDDR2 SDRAMやDDR3 SDRAMなどさまざま。描画性能に重きを置くなら、絶対にLFB搭載モデルを選びたいところ
ASUSTeK
M3A79-T Deluxe
実売価格:23,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)
URL:http://www.asus.co.jp/
AMD 790FX+SB750 Socket AM2 ATX RAID
imageクアッドCrossFireXにも対応したハイエンドマザー
AMDの最上位チップセット、790FXを搭載したハイエンドマザーボード。TDP 140WのPhenom X4もサポートしており、AM2+に対応したすべてのCPUを利用可能。PCI Express 2.0 x16スロットが4本も用意されており、4枚のビデオカードによるCrossFireXを構成することもできる。さらに、South BridgeのSB750により、Serial ATA 2.5ポートを6基備えるほか、Marvell製88SE6111から1基のeSATAポートが提供される。VRMはメモリコントローラの分を含んだ8+2フェーズ構成で、基板全域に日本メーカー製固体電解コンデンサを搭載するなど品質も申し分ない。そのほか、電源投入直後にWebブラウザやSkypeなどを利用可能にするExpress Gateや、オーバークロック機能のAi Overclockingなど、ASUSTeK独自の機能も豊富に揃っている。長期にわたって活躍できる1枚と言えるだろう。
image対応CPU:Phenom、Athlon、Sempron
メモリスロット:PC2-8500 DDR2 SDRAM×4(最大16GB)
ディスプレイ:-
グラフィックス機能:-
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×4(x16/-/x16/-、x16/x8/x8/-、x8/x8/x8/x8のいずれかで動作)、PCI×2
主なインターフェース:
Serial ATA 2.5×6、eSATA×1、Ultra ATA/133×1、USB 2.0×6、IEEE1394×1
LAN:1000BASE-T×1
Jetway
HA07-Ultra
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:052-619-1560(CFD販売)
URL:http://www.jetway.com.tw/jw/
AMD 790GX+SB750 Socket AM2 ATX RAID
imageLFBでグラフィックス性能にプラスα
低価格で高機能なマザーボードをリリースすることで人気のあるJetway。HA07-UltraはAMD 790GXを採用し、LFBを実装したATXマザーボードである。同社は、同じくAMD 790GXを搭載したHA07も用意しているが、本製品はその上位モデルにあたる。LFBの容量は128MBと下位モデルと変わらないものの、メモリチップがDDR2 SDRAMからDDR3 SDRAMに変わり、高速化が図られている。さらに、VRMにはHUMMERと書かれたヒートシンクが装着され、North Bridgeのヒートシンクとヒートパイプで連結するなど、冷却機構が大幅にアップグレードされている。また、グラフィックス出力にはHDMI端子を備えるほか、ビデオカードとチップセットとでCrossFireXを実現するHybrid Graphicsにも対応する。電源投入用プッシュスイッチやPOSTコード表示用LEDなどといった親切な機能も備えている。
image対応CPU:Phenom、Athlon、Sempron
メモリスロット:PC2-8500 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
ディスプレイ:Dsub 15ピン×1、DVI-D×1、HDMI×1
グラフィックス機能:Radeon HD 3300
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×2(x16/-またはx8/x8動作)、PCI Express x1×2、PCI×2
主なインターフェース:Serial ATA 2.5×6、eSATA×1、Ultra ATA/133×1、USB 2.0×4
LAN:1000BASE-T×1
MSI
K9N2 Diamond
実売価格:30,000円前後
問い合わせ先:web@msi-computer.co.jp(エムエスアイコンピュータージャパン)
URL:http://www.msi-computer.co.jp/
NVIDIA nForce 780a SLI Socket AM2 ATX RAID
image3-way SLIをサポートするゲーマー垂涎モデル
チップセットにnForce 780a SLIを採用し、さらにPCI Expressのレーンを切り換えるスイッチチップ、nForce 200を実装したSocket AM2マザーボード。MSIのハイエンド製品らしく、VRM上で孤を描くCircu-Pipeと呼ばれるヒートシンクを装備する。本製品はn
Force 200の機能により、3本のPCI Express 2.0 x16スロットが用意され3枚のビデオカードで描画性能の向上を狙える3-way SLIを構成できるほか、ビデオカード2枚時のSLIでも、nForce 200内でデータのやり取りが行なわれるため、通常のSLIよりもパフォーマンスが優れる。さらに、PCI Express x1接続のSound Blaster X-Fi Xtreme相当のサウンドカードが付属するほか、Hybrid SLIもサポート。バックパネルにはeSATAポートとLANポートがデュアル構成で配され、オンボードデバイスも豊富。ゲーマーにとどまらず、利用価値の高い製品だ。
image対応CPU:Phenom、Athlon、Sempron
メモリスロット:PC2-8500 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
ディスプレイ:DVI-D×1
グラフィックス機能:nForce 780a SLI内蔵(GeForce 8200相当)
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×3、PCI Express x1×1、PCI×2
主なインターフェース:
Serial ATA 2.5×6、eSATA×2、Ultra ATA/133×2、USB 2.0×4、IEEE1394×1
LAN:1000BASE-T×2
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス