特集
ついに登場したCore i7 自作PCはどう変わるのか?
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 1/4
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 2/4
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 3/4
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 4/4
Core 2超えの実力を見よ! ベンチマーク検証 1/2
Core 2超えの実力を見よ! ベンチマーク検証 2/2
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 1/4
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 2/4
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 3/4
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 4/4
Core i7でこう変わる!!BIOS設定の新常識 1/2
Core i7でこう変わる!!BIOS設定の新常識 2/2
Core i7でオーバークロックを試す
Core i7環境の大容量トリプルチャンネルメモリを使いこなす
Core i7登場で本領発揮! マルチGPU頂上決戦!
Core i7環境での電源検証どの程度の電源でCore i7は動く?
Core i7用CPUクーラー検証 CPUクーラーはどう変わった? 1/2
Core i7用CPUクーラー検証 CPUクーラーはどう変わった? 2/2
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 1/4
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 2/4
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 3/4
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 4/4
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
驚愕性能 Core i7マシン自作のすべて
TEXT:橋本新義
深夜販売で買ってきた製品版
Core i7でオーバークロックを試す
imageアーキテクチャが一新されたIntel CPUとなると、やはり気になるのがオーバークロック(OC)だ。Core 2シリーズでは大いに盛り上がったOCだが、Core i7でも盛り上がるのだろうか?
Core i7でOCはどう変わる?
 先に結論から言ってしまうと、Core i7のオーバークロックは、耐性(オーバークロックが可能なマージン)は優秀であり、実際のOC作業も手軽である。電力供給や発熱といった面では、Core 2シリーズより扱いがやや難しくなっているが、パフォーマンス向上率を考えるとOCの価値は十二分にある。

 OC手順自体はCore 2環境から大きな変更はない。ただ、BIOS設定の項目名がいくつか変更され、とくにチップセットを接続するバスがQPIへと変更されたことで、FSBクロックが「ベースクロック(BCLK)」と呼ばれるようになった。

 また、メモリコントローラがCPUに内蔵された関係などから、クロックや電圧に関連する多くの新項目が増加している。ただしこれらの設定は、本格的なOCでない限り、自動設定でOKだ。今回は、ASUSTeKの「P6T Deluxe」を例に、基本的な手順を追ってみよう。
imageCore i7-920はシリーズ最下位ながら、かなりの耐性を持つ。今回は締め切り直前の11月16日の深夜販売で購入した製品版を使ってテストしている
Core i7のオーバークロック方法の基本
imageまずはBIOSセットアップ
今回はBIOSセットアップでのOC方法を紹介しよう。まずはクロック設定を手動(Manual)に変更し、クロック(BCLK)設定を表示させる
image
imageメモリクロックを下げる
メモリがOCのボトルネックになることを防ぐためクロックを下げる。今回はDDR3-1333対応メモリを使っているが、DDR3-1066相当に設定
image
imageBCLK設定を上げる
CPUのBCLKは標準で133MHzとなっているので、まず150MHz辺りに設定し、10MHz程度を目安に上昇→再起動→BIOS設定を繰り返す
image
imageCPUコア電圧を調整
電圧は自動設定でOKだが、環境によっては上がり過ぎることがある。その場合はBCLKを戻し、CPU温度や電圧を確認しつつ再調整しよう
image
imageストレステストツールで動作確認
設定→再起動を繰り返し、正常動作不能になったらとりあえずのOC限界と思われる。直前の設定で起動し、テストツールで安定動作を確認しよう
Core i7のOCではここにも注目
Core i7で増えた新要素
 Core i7の新機能は、実はOCにも大きな関連を持ったものがある。とくにこちらで紹介した、「Intel Turbo Boost Technology」は、OC時でも動作するため、基本的には有効にしておきたい。また、BIOSに「Intel C-State Technology」項目がある場合、有効にしておくと性能(とおそらくOC耐性)が若干下がるものの、消費電力を抑えることが可能だ。
imageIntel Turbo Boost Technology
BIOSでIntel Turbo Boost Tech.(nology)が無効になっている場合、有効にしておこう。この機能による性能向上はOC時にも効く
imageマザーボードによってはクーラーのTDP設定も
IntelやMSI製マザーでは、Turbo Boost 設定内にTDP設定がある。CPUクーラーの対応TDP値が公表されている場合は、とりあえずその値を入れよう
Core i7のオーバークロック耐性を検証
i7-920でOCテスト!! 実際の性能は?
 いよいよ気になる結果だ。今回は、Core i7-920とP6T Deluxeを中心として、簡易的にではあるがOCテストを行なった。なお、今回はストレステストツール「OCCT Perestroika」で30分間テストを完走した時点(CPU温度上限は110℃に設定)でOKとしている。ベンチはPCMark VantageとCINEBENCH R10だ。

 さて、まずはCPUコア電圧を自動設定に任せた状態で限界を探ったところ、何と約3.8GHz(BCLK 190MHz)での動作を確認。OCCTとベンチは完走した……が、これはCPUコア電圧上昇が+0.2V以上で、温度はOCCTでの測定で最高103℃と危険な状態(現状ではOCCTで表示される温度の正確度がまだ不明だが、さすがに高いだろう)。そこでデフォルト電圧で限界を探ったところ、約3.5GHz(BCLK 175MHz)で安定。最高消費電力もデフォルトでは295W、3.8GHz時では391Wまで上がったのが、3.5GHz時では337Wに落ち着いた。性能も確かなもの。3.8GHz時では、PCMark Vantageでは24%、CINEBENCH R10のx CPU(マルチコア)では42%の性能向上となった。
image今回はCorsair Memory製メモリを使用
メモリには、Corsair Memoryの「TR3X3G1333C9」を使用。X58マザー用PC3-10600(DDR3-1333)メモリの3枚組セットとして人気の製品
imageCPUクーラーにはZALMAN製の最新モデル
CPUクーラーは、ZALMANの「CNPS9900LED」。同社のお家芸となるトンネル構造と6本のヒートパイプで放熱は万全な高性能クーラーである
image1.13GHzアップの約3.8GHzを達成!!
CPUコア電圧自動設定時では、BCLK190×20=約3.8GHzを達成(画面の表示は誤差)。ただしCPU温度や消費電力はかなりヘビーな状態だ
image
image
【測定環境】
CPU:Intel Core i7-920(2.66GHz)
マザーボード:ASUSTeK P6T Deluxe(Intel X58+ICH10R)
メモリ:Corsair Memory TR3X3G1333C9(PC3-10600 DDR3 SDRAM 1GB×3)
ビデオカード:MSI R4870-T2D512-OC(ATI Radeon HD 4870)
HDD:Maxtor DiamondMax 10 6L250S0(Serial ATA、7,200rpm、250GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス