特集
ついに登場したCore i7 自作PCはどう変わるのか?
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 1/4
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 2/4
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 3/4
Core i7のアーキテクチャ徹底分析 4/4
Core 2超えの実力を見よ! ベンチマーク検証 1/2
Core 2超えの実力を見よ! ベンチマーク検証 2/2
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 1/4
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 2/4
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 3/4
最新チップセットの秘密を探るX58マザーボード徹底解剖 4/4
Core i7でこう変わる!!BIOS設定の新常識 1/2
Core i7でこう変わる!!BIOS設定の新常識 2/2
Core i7でオーバークロックを試す
Core i7環境の大容量トリプルチャンネルメモリを使いこなす
Core i7登場で本領発揮! マルチGPU頂上決戦!
Core i7環境での電源検証どの程度の電源でCore i7は動く?
Core i7用CPUクーラー検証 CPUクーラーはどう変わった? 1/2
Core i7用CPUクーラー検証 CPUクーラーはどう変わった? 2/2
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 1/4
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 2/4
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 3/4
ここが変わった!! Core i7マシン自作指南 4/4
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
驚愕性能 Core i7マシン自作のすべて
TEXT:鈴木雅暢
Core 2超えの実力を見よ! ベンチマーク検証
imageこれまで見てきたように魅力的な新フィーチャーを実装したCore i7。そのトータルとしての性能や消費電力はいかほどのものなのか。ベンチマークテストでその実力を明らかにする。
 
Core i7の実力を定番テストで検証
 まずはFuturemarkのPCMark Vantageのスコアから見てみよう。内容はWindows Vista環境でのコンピューティングをシミュレートする内容となっている。結果は、とにかくCore i7シリーズの高性能が目立つ。Core 2のフラグシップであるCore 2 Extreme QX9770よりも、Core i7最下位モデル920のほうがよいスコアをマークしており、完全にCore i7がCore 2シリーズを圧倒している。同水準のクロック同士で比較すると、2.93GHzのCore i7-940は、3GHzのCore 2 Quad Q9650よりも14%、3.16GHzでデュアルコアのCore 2 Duo E8500より35%もよいスコアをマークしている。

 次は3D描画性能の定番ベンチマークテスト3DMark Vantageの結果を見てみよう。解像度やエフェクト、画質設定をまとめたプリセットが四つ用意されているが、今回は1,280×1,024ドットで標準画質の「Performance」と1,920×1,200ドットで最高に近い画質の「Extreme」をそれぞれデフォルトのまま実行している。PerformanceとExtremeでは小テストの重み付けが異なっており、後者はCPUの依存度が低く設定されている。結果はコアの数も動作クロックもあまり関係なく、誤差と言えるような範囲内で上下している。ただ、その中でもCore i7のスコアはワンランク見劣るものとなっている。チップセットのドライバ、PCI Expressまわりのチューニングなどの原因が考えられなくはないが、これだけでは正直よく分からない。一方、Performanceでは逆にわずかながらCore i7勢が優秀な傾向を収めている。ただ、こちらもCore 2 Quadのスコアがクロックどおりに並ばないなど揺れは大きく、今一つ説得力に乏しい。
image
image
 そこで実際のゲームタイトルの代表として、カプコンのDirectX 10対応アクションシューティング「ロスト プラネット コロニーズ」を利用した。用意されているベンチマークモードを利用し、Area1のスコアを掲載した。

 ロスト プラネットシリーズは物理演算やAIなど、マルチコアへの最適化度合いの高いタイトルとして知られているが、Hyper-Threadingの効果か、Core i7勢の好成績が目立ち、Core i7の最下位モデルであるCore i7-920のほうがCore 2 Quadの最上位モデルであるQ9650を上回っている。同水準のクロック同士で比較すると、2.93GHzのCore i7-940は、3GHzのCore 2 Quad Q9650よりも10%、3.16GHzのCore 2 Duo E8500より54%もよいスコアをマークしている。

 次は3DCGのレンダリング性能を「CINEBENCH R10」で見てみよう。MAXON Computerの3DCGソフト「CINEMA 4D」をベースにしたテストで、最大16wayまでのマルチスレッド処理に対応している。ここでは1コアのみで処理を行なう「1 CPU」と使用可能なコア(論理コア含む)をすべて利用する「x CPU」のスコアを掲載している。

 1 CPUのスコアで見るとほぼ動作クロックどおりの序列となっているが、Core i7ではTurbo Boostの分、ワンランク上のスコアをマークしている。そして、4コア+Hyper-Threadingがフルに使えるx CPUでは断然の強さを見せており、Core i7の最下位モデルである920でも従来フラグシップのCore 2 Extreme QX9770を軽く上回るスコアをマーク。同水準クロック同士で比較すると、Core i7-940は、Core 2 Quad Q9650に対して22%、Core 2 Duo E8500に対して114%という圧倒的な差を付けている。
image美麗なグラフィックスに加え、AIや物理演算をを駆使することで、リアルな世界観を楽しめる「ロスト プラネット コロニーズ」

Character Wayne by (C) Lee Byung Hun/BH Entertainment CO., LTD,(C) CAPCOM CO., LTD. 2008 ALL RIGHTS RESERVED.
image
image
【検証環境】

[Core i7環境]
マザーボード:ASUSTeK Rampage II Extreme(Intel X58+ICH10R)
メモリ:Corsair Memory TR3X3G1333C9(PC3-10600 DDR3 SDRAM 1GB×3)

[Core 2 Extreme環境]
マザーボード:ASUSTeK P5E3 Premium/WiFi-AP@n(Intel X48+ICH9R)
メモリ:Corsair Memory TW3X2G1600C9DHX(PC3-12800 DDR3 SDRAM 1GB×2)×2

[Core 2 Quad/Duo環境]
マザーボード:ASUSTeK P5Q-E(Intel P45+ICH10R)
メモリ:Team Elite TEDD2048M800HC5(PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2)

[Phenom X4環境]
マザーボード:GIGABYTE GA-MA790GP-DS4H(rev. 1.0)(AMD 790GX+SB750)
メモリ:Team Elite TEDD2048M800HC5(PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2)

[共通環境]
ビデオカード:NVIDIA GeForce GTX 280リファレンスカード
HDD:Western Digital VelociRaptor WD3000GLFS(Serial ATA 2.5、10,000rpm、300GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス