特集
新世代パーツ続々登場!!
高性能をどう使いこなす?
オーバークロックマシン対決 1/6
オーバークロックマシン対決 2/6
オーバークロックマシン対決 3/6
オーバークロックマシン対決 4/6
オーバークロックマシン対決 5/6
オーバークロックマシン対決 6/6
ゲームPC対決 1/6
ゲームPC対決 2/6
ゲームPC対決 3/6
ゲームPC対決 4/6
ゲームPC対決 5/6
ゲームPC対決 6/6
静音マシン対決 1/6
静音マシン対決 2/6
静音マシン対決 3/6
静音マシン対決 4/6
静音マシン対決 5/6
静音マシン対決 6/6
AVマシン対決 1/5
AVマシン対決 2/5
AVマシン対決 3/5
AVマシン対決 4/5
AVマシン対決 5/5
ファイルサーバー対決 1/5
ファイルサーバー対決 2/5
ファイルサーバー対決 3/5
ファイルサーバー対決 4/5
ファイルサーバー対決 5/5
激安マシン対決 1/5
激安マシン対決 2/5
激安マシン対決 3/5
激安マシン対決 4/5
激安マシン対決 5/5
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
鉄人激突!! PC自作ガチンコ勝負
激安マシン対決
鉄人橋本新義が作る激安マシン
AMD最新CPU搭載の激安トリプルコアPC
image「激安自作の殿堂」担当。ノートPC(も)好きであるため、高性能グラフィックス機能内蔵チップセットには常に注目している
激安PCの条件
5万円以下
予算内で可能な限りパフォーマンスを追求
image グラフィックス機能内蔵チップセット搭載マザーは、低価格マシンでの定番構成。従来は単体ビデオカードに比べて性能が数段下、という印象があった。しかしAMDから登場したAMD 780Gチップセットは、高い3Dグラフィックス性能を備え、この差をかなり縮めたことで、激安マシンのパワーの“底上げ”に大きな威力を発揮しそうだ。今回は、このチップセットを搭載した人気No.1マザーであるGIGABYTE「GA-MA78GM-S2H」を中心にマシンを考えてみた。

 5万円以下という制限では、まずCPUに最安クアッドコアのPhenom 9500を選びたいところだが、そうすると今度は電源選びが難しくなってしまう。そこで今回はコアが一つ少ない、トリプルコアCPU「Phenom X3 8450」を選んだ。これにより、ケース付属の350W電源でも十分動かせるだろう。

 またHDDは、価格を優先しつつも可能な限り性能も追求したいということで、日立GSTの「Deskstar P7K500」を選択。250GBプラッタ1枚の製品で、静音性と信頼性の高さが魅力だ。そして、メモリはデュアルチャンネル構成で2GB、光学ドライブはSerial ATAモデルと、価格を優先しつつも、扱いやすい仕様としている。

 さて、実際の組み立て作業は、ケースの仕様が比較的古いため、内部接続用のUSBやオーディオケーブルの配線に手間取った点(ピン1本ごとに分離されているタイプのため)はあるものの、大きな問題は発生せず。実際の動作も、意外なまでに(?)素直でノートラブルだった。

 静音性に関しては、さすがに電源ユニットのファンの動作音は一昔前の標準的なレベル(=今のレベルではそれなりに動作音が目立つ)。ケースファン非搭載のため熱が心配されたが、パッシブダクトがあるため、発熱のトラブルはなかった。

 総合的には、このクラスで苦手だったビデオのエンコードなどにも十分使えるシステムとして仕上がっていると言える。
image
image1 Phenom X3
CPUは話題のトリプルコア版Phenomを搭載。クアッドコアに肉薄する性能とデュアルコア並みの価格というバランスが魅力だ
image2 1プラッタHDD
HDDには、日立GST製の最新世代製品を採用。電源部の変換効率やコントローラチップを中心とした低消費電力化が特徴だ
image3 多機能マザーボード
マザーボードは、AMD 780G搭載機の中でもとくにインターフェースが豊富なGIGABYTE製品を採用。eSATAやIEEE1394端子も搭載
image4 電源付属激安ケース
今回は価格重視でV-TECH製品を選択。ケースファンは付属しないが、エアフローはパッシブダクトなどである程度カバーできる
image5 バルクメモリ×2
メモリは割り切ってノーブランド品を搭載。グラフィックス性能を考えるとデュアルチャンネルは必須なので、1GB×2枚構成である
パーツ構成
CPU:AMD Phenom X3 8450(2.1GHz) 19,000円前後
(編集部予想実売価格)
マザーボード:GIGABYTE GA-MA78GM-S2H(AMD 780G+SB700) 11,000円前後
メモリ:ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB×2 4,000円前後
HDD:日立GST Deskstar P7K500 HDP725025GLA380(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB) 6,000円前後
ケース:V-TECH VT-324BS/350W 6,000円前後
光学ドライブ:Lite-On Technology DH-20A3S 4,000円前後
合計50,000円前後
image
ポイント 1 CPU トリプルコアCPUのパワーでエンコードも楽々
 ここまでに紹介したように、今回の構成はマザーボードとCPUにコストをかけ、トリプルコアながら低価格のPhenom X3 8450を搭載する。クアッドコア版Phenomに比べるとコア1個分の消費電力と発熱の減少が期待できるため、取り扱いがラフでもよいのが魅力だ。

 ちなみに価格は発売前のため予想実売価格を入れているが、これはいわゆる“初物価格”。流通が落ち着けば、2,000~3,000円ほど安くなると思われる。
imageトリプルコアだけあり、タスクマネージャではCPUメーターが3基となる。コア1個分の処理能力アップだけでなく、視覚的にも楽しい(?)
image
前のページに登場したPentium 4 631搭載マシンとエンコード時間を比較。激安PCながらPhenom X3搭載の本PCのほうがはるかに高速だ
ポイント 2 マザーボード 豊富かつ高性能なオンボードデバイス
 もう一つのポイントとなるパーツが、マザーボードのGA-MA78GM-S2Hだ。Phenom X3シリーズにいち早く正式対応している点やGIGABYTE製品らしく高品質なコンデンサを搭載している点に加え、オンボードデバイスの充実度が高く、使いやすい。

 とくにディスプレイ出力の充実度は特筆モノで、Dsub 15ピン+DVI-I+HDMIのフル装備。さらにサウンドコーデックはDTS Connectに対応するRealtek ALC889A、LANもギガビット対応でPCI Express接続だ。
imageバックパネルにはありとあらゆる……と言っても過言ではない種類の端子が集結。eSATAやS/P DIF OUT(光角型)までも搭載している
image左が8.1チャンネル出力、DTS Connectなどに対応する高機能サウンドコーデック「ALC889A」。右がギガビットLANチップの「RTL8111C」だ
ポイント 3 そのほか 性能に影響しない部分は割り切ってコスト削減
 CPUとマザーボードを性能重視とした分、それ以外のパーツは打って変わって、コスト重視の選択としている。電源ユニットは出力350Wながらケース付属の製品を使い、CPUクーラーもリテール品をそのまま使用。さらにメモリもノーブランド品(ただし容量は1GB×2)と、性能に大きな影響を与えない部分のコストは徹底して切り詰めている。

 ただし理想を言えば、静音性や信頼性はその分低下していることは否めない。このマシンに手を入れられるのであれば、これらの補強から入るところである。
imageケース付属の電源ユニット。ファンの動作音がそれなりに大きいこともあり、まっ先にアップグレードしたいところだ
imageCPUクーラーもリテール品を使用。実用上はまったく問題ないが、冷却性能は単体製品に比べるとさすがに不利だ
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス