特集
最新自作シーンを総括する
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
マザーボード編 1/6
マザーボード編 2/6
マザーボード編 3/6
マザーボード編 4/6
マザーボード編 5/6
マザーボード編 6/6
ビデオカード編 1/5
ビデオカード編 2/5
ビデオカード編 3/5
ビデオカード編 4/5
ビデオカード編 5/5
HDD編 1/3
HDD編 2/3
HDD編 3/3
光学ドライブ編 1/2
光学ドライブ編 2/2
サウンドデバイス編 1/2
サウンドデバイス編 2/2
ケース編 1/4
ケース編 2/4
ケース編 3/4
ケース編 4/4
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
ベアボーンPC編 1/2
ベアボーンPC編 2/2
液晶ディスプレイ編 1/3
液晶ディスプレイ編 2/3
液晶ディスプレイ編 3/3
CPUクーラー編 1/3
CPUクーラー編 2/3
CPUクーラー編 3/3
冷却パーツ編 1/3
冷却パーツ編 2/3
冷却パーツ編 3/3
そのほかのパーツ編 1/3
そのほかのパーツ編 2/3
そのほかのパーツ編 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選
TEXT:鈴木雅暢
CPUクーラー編
大型化が進みつつ、ますますバリエーションも豊富に
imageCore 2シリーズをはじめCPUの発熱が減った今でもCPUクーラーは依然として人気の高いパーツだ。売れ筋の製品の傾向を見ると、求められる要素は少し変化している印象も受ける。
これが最新のトレンドだ (1)トータルバランス重視の傾向
(2)VRM冷却にも注目が集まる
(3)ハイエンドでは大型化傾向が顕著
全体的に機能・性能が向上
 相変わらず活気のある状態が続くCPUクーラー市場。ハイエンドでは冷却能力や静音性の追求が続いているが、ミドルレンジ以下の傾向を見てみると、冷却能力や静音性だけでなく、扱いやすさ、価格までも含めたトータルバランスがより重視されるようになってきている印象がある。Core 2やVistaなどの影響で自作市場自体が拡大し、自作入門者を含めた一般的なユーザーからの需要が増えていることが大きな要因だろう。

 冷却機構に関しては、今ではヒートパイプを利用していない製品を探すほうが難しいくらい採用が一般化してきた。シンプルな加工でヒートパイプの特性を活かしやすいのはサイドフロー型だが、最近では加工技術が進化したこともあってかVRMにエアフローを当てやすいトップフロー型のクーラーが増えてきている。サイドフロー型がVRM冷却で必ず不利になるとは限らないが、ボード上のヒートシンクの形状や配置などに左右される部分はあり、CPU付属のリテールクーラーと同じトップフロー型のほうが問題が少なく、入門者でも扱いやすいと言える。
ハイエンドモデルほど取り付けの難易度が高い
 取り付け方法に関しては、かつてのようにひどく手間がかかるような製品はなくなっているが、バックプレートを装着するなど、マザーボード裏側での作業が必要かそうでないかは最低限購入前にチェックしておくべきだろう。バックプレートを取り付けるタイプの場合は、交換にあたって当然マザーボードを一度ケースから外さねばならず、手間がかかってしまうという難点がある。

 また、マニアックなユーザーをターゲットにしたハイエンド製品では、高い冷却能力と静音性のハイレベルな両立のため、ヒートシンクの大型化、大型ファン搭載の傾向が顕著になってきている。これらの製品では、マザーボードのヒートシンクやほかの部品との干渉がないかなどのチェックが必要である。
CPUクーラーを選ぶ上でのポイント
imageトップフロー型とサイドフロー型
CPUファンの取り付け位置によって、上から吹き付けるトップフロー型、サイドフロー型の2種類がある。シンプルな加工でヒートパイプの特性を活かしやすいのはサイドフロー型だが、VRMの冷却などを考慮するとCPU付属のリテールクーラーでも採用されているトップフロー型のほうが問題が少なく無難で扱いやすいと言える
imageほかのパーツとの干渉
本体サイズが大きいもの、背の高いものは、ケースやマザーボード上のヒートシンクなどと干渉する可能性がある。とくに最近のマザーボードではチップセットやVRMの放熱用ヒートシンクが大型化しているので、これらと干渉しないで取り付けられるかどうか、あらかじめ確認しておいたほうがよいだろう
imageCPUクーラーの取り付け方法
ひどく取り付けにくいような製品は減っているが、マザーボード裏面での作業が必要かどうかは大きなポイント。バックプレートを利用するタイプはマザーボードに負担をかけず安定して固定でき、着脱を繰り返しても消耗が少ないという利点があるが、CPUクーラーの着脱の際にマザーボードをケースから外さなければならないので交換用途には適さない
ZALMAN
CNPS9700 LED
実売価格:7,500円前後
問い合わせ先:03-5215-5650(アスク)
URL:http://www.zalman.co.kr/
純銅使用のハイエンドクーラー
image 花びら状に広げたフィンの中央部にクリアファンをマウントした美しいデザインが特徴的なサイドフロー型のCPUクーラー。CPU接触面やフィンにはすべて純銅素材を利用することで熱伝導率を高め、放熱性能の向上を図っている。8の字形に曲げた3本のヒートパイプも、この形状とすることで6本分に相当する性能を実現していると言う。フィンの中央部にマウントした直径11cmのクリアファンにはLEDが埋め込まれており、動作時には青く光る。付属のファンコントローラにより、無回転または1,250~2,800rpmの範囲で回転速度を調整できる。

 Socket939/AM2には付属の板バネクリップで直接装着できるが、LGA775にはバックプレート付きの専用リテンションをマザーボードに装着し、そこにネジ止めする方式になっている。取り付ける際にはマザーボードを一度ケースから外す必要がある。
image熱伝導率の高い純銅素材を利用。6本分の性能を発揮するという8の字形ヒートパイプの形状も印象的だ
SPECIFICATION
対応CPUソケット:LGA775、Socket754/939/940/AM2
ファン:11cm(1,250~2,800rpm)
サイズ(W×D×H):124×90×142mm
サントラスト
薙刀(なぎなた)
実売価格:3,500円前後
問い合わせ先:06-6744-9011
URL:http://www.sun-trust.net/
高性能と扱いやすさを両立したサイドフロー型クーラー
image ヒートパイプを直接CPU表面に接触させて放熱する仕組を採用したサイドフロー型のクーラー。U字形に折り曲げた3本のヒートパイプに多数のアルミのフィンが配され、そこにファンをマウントするというオーソドックスな形状だが、CPU接触面にはアルミ積層板に埋め込んだ3本のヒートパイプが露出しており、CPU表面と直接触れるようになっている。温度の高いCPU表面を直接ヒートパイプに接触させることで熱移動の効率向上を狙ったもので、同社ではこの仕組をDHTS(Direct Heat Transfer System)と呼び、高い冷却性能をアピールしている。標準装備のファンは9cm角でPWMコントロールに対応している。回転速度は1,200~2,200rpm。高さ114mmとサイドフロー型としてはかなり小型で重量も385gと軽量。LGA775/Socket AM2のどちらにも簡単に取り付けられる扱いやすさも魅力の一つとなっている。
image特徴的なCPU接触面。3本のヒートパイプが露出しており、CPU表面に直接触れる仕組になっている。LGA775タイプのCPUに取り付ける際はリング状の固定具を使って簡単に装着することが可能だ
SPECIFICATION
対応CPUソケット:LGA775、Socket754/939/940/AM2
ファン:9cm角(1,200~2,200rpm)
サイズ(W×D×H):92×78×114mm(ファンを除く)
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2017年12月号

発売日:10月28日
定価:1,380円

書籍(ムック)

無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


自作PCパーツパーフェクトカタログ 2017

発売日:2016/11/29
販売価格:1,850円+税


PC 自作・チューンナップ虎の巻 二〇一七

発売日:2016/10/31
販売価格:1,680円+税


VR2 Vol.1

発売日:2016/9/29
販売価格:1,780円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


NASオールカタログ2016-2017

発売日:2016/6/17
販売価格:1,380円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス