特集
押さえておきたいVista世代のPC自作“新常識” 1/2
押さえておきたいVista世代のPC自作“新常識” 2/2
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 CPU
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 マザーボード
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 ビデオカード
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 メモリ
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 HDD
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 PCケース
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 電源
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 液晶ディスプレイ
お店に行って迷わない自作パーツの選び方 そのほかのパーツ
PCパーツを買う! 1/2
PCパーツを買う! 2/2
新世代PC簡単自作ガイド1/4
新世代PC簡単自作ガイド2/4
新世代PC簡単自作ガイド3/4
新世代PC簡単自作ガイド4/4
ケース別PC自作指南 1/4
ケース別PC自作指南 2/4
ケース別PC自作指南 3/4
ケース別PC自作指南 4/4
使えるパーツは使い回せ! 1/3
使えるパーツは使い回せ! 2/3
使えるパーツは使い回せ! 3/3
Windows Vistaで作る自作PCレシピ集 1/2
Windows Vistaで作る自作PCレシピ集 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PC自作再入門
お店に行って迷わない自作パーツの選び方
TEXT:鈴木雅暢
そのほかのパーツ
光学ドライブ
 Windows VistaのOSインストールディスクはDVD-ROMのため、最低でもDVD-ROMが読めるドライブが必須だ。また、Windows Vistaでは新機能として、DVDメディア(DVD±R/RW/-RAM)への記録を標準でサポートした。メディアへデータを一括して書き込みを行なう「マスタ」方式に加え、CD/DVDのパケットライト方式に相当する「ライブファイルシステム」方式にも対応するため、CD/DVDの記録メディアにMOのような感覚で書き込みができるようになった。データストレージとして気軽に使えるようになったことは歓迎したい。

 現状主力の記録型DVDドライブは、2層記録を含めたすべてのDVDメディアへの記録をサポートする製品と、DVD-RAM記録のみ非対応の製品に分かれる。書き込み速度の向上は継続されているものの、市場は落ち着いている。Blu-ray Disc、HD DVDといった次世代メディアに対応する製品も登場しているが、まだまだ高価で一般ユーザーが気軽に手を出せるような状況にはない。
imageパイオニアの「DVR-A12J-W」(実売9,000円前後)。DVD±Rの18倍速書き込み、DVD±R DLの10倍速書き込みをサポートする
imageインターフェースはIDEが主流
インターフェースはまだIDEタイプがほとんどだが、Serial ATA対応製品も徐々に増えつつあり、今年は一気に普及しそうである
imageVistaではDVD記録に対応
Vistaでは、DVDメディアへの記録を標準でサポートしているため、MOなどと同じような感覚で扱えるようになった
テレビキャプチャカード
 テレビキャプチャカードは、現状ではWindows Vistaに正式対応している製品がかなり少ない。それは、このWindows Vistaからビデオの描画方法が大きく変化したためである。Windows XP対応の多くのテレビ録画/再生ソフトは、ビデオフレームの表示に「オーバーレイ」方式を利用していたが、DirectXの機能を利用して描画するAero環境では、このオーバーレイ表示との共存ができないのだ。そのため、Vistaでは、DXVA2.0(DirectX Video Acceleration 2.0)という新しいAPIを利用して、ビデオの再生フレームを3Dグラフィックスのフレームとして描画する。このDXVAはWindows XP MCE 2005のMedia Centerで先取りされていた方式であるため、MCE 2005に対応していたテレビキャプチャカードであれば、Windows Vista Home Premium/UltimateのMedia Centerを利用できる可能性がある。 ちなみに、Media Centerは国内の地上デジタル放送にはまだ対応していない。
imageアイ・オー・データ機器「GV-MC/RX3」(実売1万1,000円前後)。Windows Vista Premiumロゴを取得した数少ないテレビキャプチャカードだ
imageMedia Center機能対応製品
GV-MC/RX3を含めVista対応製品の多くは、Home Premium/Ultimateに標準装備されているMedia Centerのテレビ機能を利用できる
image接続はPCIが主流
テレビキャプチャカードのインターフェースの主流は依然としてPCIスロットである。PCI Express x1対応製品はごくわずかだ
CPUクーラー
 CPUの冷却を行なうCPUクーラーは、CPUのリテールパッケージを買えば付属している。しかし、PCの静音化を目指すならば、市販の大型CPUクーラーなどを活用してみたい。ただし、大型なだけに、PCケースやマザーボードによっては取り付けられないことがある。購入前によく自分のマシンを確認してからトライするようにしよう。
imageZALMAN「CNPS9700 LED」(実売8,000円前後)。大型ヒートシンクと低速大型ファンで静音かつ強力冷却
imageCore 2 DuoのリテールCPUクーラー。実はかなり静音性が高く、これで満足という人もいるだろう
image大きいだけに取り付けられないマザーボードやケースもあるので、注意は必要
キーボード&マウス
 キーボードとマウスも、PCを操作するために欠かせないパーツである。ともに1,000円以下の激安品から、こだわりの高級モデルまでさまざまな製品がある。個人の好みが大きいものなので、どれがよいとは一概に言えないが、マウスに関しては高解像度のレーザータイプのものが人気を博している。従来の赤外線方式とは違うなめらかな動きを、ぜひ試してみてもらいたい。
imageロジクールの「G5 Laser Mouse」(実売6,000円前後)。ゲーマー向けの高性能レーザーマウスだ
imageダイヤテックのメカニカルキーボード「FKB104M/EB」(実売8,500円前後)。深いストロークとクリック感が○
image接続はPS/2かUSB。マザーボードさえ対応していればどちらでもよいが、USBのほうが取り回しは楽
サウンドカード
 サウンド機能は基本的にマザーボードに搭載されているが、より高音質を求めるのならば、サウンドカードの搭載をお勧めする。PCIスロットタイプが主流だが、最近ではPCI Express x1スロットタイプも登場してきている。USB接続の外付けオーディオユニットもあるので、小型マシンなどで活用したいところだ。デジタル入出力端子を活用して、脱アナログサウンドを目指すというのもおもしろい。また、EAXサラウンドサウンドに対応した、クリエイティブメディアのSound Blasterシリーズはゲーマーの必須アイテムと言ってもよいだろう。現在のところWindows VistaではEAXが利用できない点に注意が必要だが、独自ツールにより、別の形式に変換して再生することができる。
imageゲーマーにお勧めのサウンドカード、クリエイティブメディア「Sound Blaster X-Fi Xtreme Gamer」(直販価格1万2,800円)
imageこちらはデジタル入出力も備えた「Sound Blaster X-Fi Xtreme Audio」(直販価格7,980円)
ドライブベイ拡張デバイス
 PCケースのドライブベイは、何もHDDや光学ドライブ専用というわけではない。デジカメユーザーであれば、メモリカードスロットなどを付けたいところだが、これもドライブベイに内蔵することが可能だ。下で紹介しているような多機能デバイスもあり、小型マシンで空きベイが少ないという人にも便利である。ケースのバックパネルにあるUSBポートにアクセスするのが大変という人も、こうしたベイアクセサリを活用すれば、ケース前面で各種インターフェースを活用できるだろう。

 そのほか、3.5インチHDDを包み込んで5インチベイに取り付けられるHDD静音化ケースなどもお勧めだ。ベイに余裕のあるPCケースならば、こうした製品をどんどん活用したいところだ。
imageサイズの「コンパネ4号」(実売4,000円前後)。5インチベイを使用するが、メモリカードリーダーやUSBポートなどをベイ1段分で活用できる
imageHDDを内蔵して静音化する、グロウアップ・ジャパンの「SMART DRIVE Classic Black」(実売5,000円前後)。真の静音を目指す人に
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2017年9月号

発売日:7月29日
特別定価:1,080円

書籍(ムック)

無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


自作PCパーツパーフェクトカタログ 2017

発売日:2016/11/29
販売価格:1,850円+税


PC 自作・チューンナップ虎の巻 二〇一七

発売日:2016/10/31
販売価格:1,680円+税


VR2 Vol.1

発売日:2016/9/29
販売価格:1,780円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


NASオールカタログ2016-2017

発売日:2016/6/17
販売価格:1,380円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス