特集
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
マザーボード編 1/5
マザーボード編 2/5
マザーボード編 3/5
マザーボード編 4/5
マザーボード編 5/5
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
サウンドデバイス編 1/2
サウンドデバイス編 2/2
HDD編 1/2
HDD編 2/2
光学ドライブ編 1/2
光学ドライブ編 2/2
ケース編 1/3
ケース編 2/3
ケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
液晶ディスプレイ編 1/2
液晶ディスプレイ編 2/2
CPUクーラー編 1/2
CPUクーラー編 2/2
その他のパーツ編 1/2
その他のパーツ編 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2007
電源編
TEXT:長畑利博
ベンチマーク検証
 今回のテストではWindowsが起動してから約5分後のほぼ無負荷になった状態を計測。その後、「3DMark06」を実行し、スタートから終わりまでの電圧、騒音、消費電力の変化を計測している。+12Vの変化はフリーソフト「SpeedFan」のグラフ機能を利用してチェックした。

 では、テスト結果を見てみよう。騒音レベルでは、剛力、白狼2、SS-410C、GUP-EG500J、EarthWatts EA 380がほぼ横並び。サーバー用となっているST-750EAJ以外は騒音レベルはいずれの製品も一定以上のレベルに達しているのが分かる。

 消費電力では高効率と低消費電力をうたったEarthWatts EA 380が頭一つ抜けて低い。出力が少ないことを考えても、変換効率はかなり優秀だろう。次にこちらも高効率をうたうGUP-EG500J、M12 SS-700HMが続いている。SS-700HMは安定性、静音性、消費電力のいずれも優秀な結果を出しており、バランスがよい。
image
image
【環境】
CPU:Pentium D 820(2.8GHz)
マザーボード:ASUSTeK P5LD2 Deluxe(Intel 945P)
メモリ:ノーブランド PC2-4200 DDR2 SDRAM 256MB×2
ビデオカード:MSI NX7900GS-T2D256EZ(GeForce 7900 GS)
HDD:日立GST Deskstar T7K250 HDT722516DLA380(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB)
OS:Windows XP Professional SP2
騒音計測距離:ファンから約5cm、暗騒音:33.9dB、室温:21℃
総 評
 電圧の安定性では大容量のM12 SS-700HM、ST-750EAJの2製品が非常によく、GUP-EG500J、剛力の2製品が続く。今回はいずれの製品も一定以上の品質を確保しているため、オススメ製品の選定には悩んだが、これらのテスト結果に価格を加えて考察すると、5,000円台と安価で騒音レベル、電圧安定性の成績のよい剛力をGold Recommendに、高価だが性能・品質も高いM12 SS-700HMをSilver Recommendにセレクトすることとした。
Core 2 Duoは何Wあれば大丈夫?
image 低消費電力をウリとするCore 2 Duoの登場により、Pentium D時代よりも電源にかかる負荷は少なくなった。売れ筋構成のCore 2 Duo搭載システム、GeForece 7600 GSビデオカード、HDD×2、光学ドライブ×1といった構成であれば、システム全体の消費電力は120W程度、負荷が高い状態でも150W程度ですむため、安価な400W電源でもまったく問題なく動作する。よっぽどヘビーな環境以外では1,000Wといったハイエンドクラスの電源は必要ないだろう。

 また、一般的に電源の変換効率は定格出力の80%前後の状態が一番高まるので、必要以上の大出力電源は熱や消費電力的にも不利になる。自分の環境に最適な電源を見付けることが肝要だ。
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年夏号

発売日:6月30日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス