特集
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
マザーボード編 1/5
マザーボード編 2/5
マザーボード編 3/5
マザーボード編 4/5
マザーボード編 5/5
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
サウンドデバイス編 1/2
サウンドデバイス編 2/2
HDD編 1/2
HDD編 2/2
光学ドライブ編 1/2
光学ドライブ編 2/2
ケース編 1/3
ケース編 2/3
ケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
液晶ディスプレイ編 1/2
液晶ディスプレイ編 2/2
CPUクーラー編 1/2
CPUクーラー編 2/2
その他のパーツ編 1/2
その他のパーツ編 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2007
TEXT:保坂陽一
ケース編
冷却・静音性能はさらに充実
ゲーマー向けモデルも続々登場
image2006年はケースにおいても転換期であった。冷却と静音性の両立を各メーカーが目指していたところに、低消費電力CPUが一気に普及し、新たな方向性が決定付けられたのだ。ここでは現在の定番製品を中心に、人気のケースをチェックしてみた。
これが最新のトレンドだ!
1.静音、冷却に優れた定番製品の人気は衰えることなし!
2.電源の重要度アップにより、ケースは電源なしモデルが標準に
3.ハデなゲーマー向けモデルがさらに増加
 ケース選びのポイントと言えば、昔は拡張性とデザイン、そしてメンテナンス性といったところであったが、それ以上に近年は冷却性能と静音性が重視されるようになっている。Core 2 Duoなどの低発熱なCPUの登場で、そうしたケースの能力も不要になるかと思われたが、最近ではチップセットやビデオカード、HDDなど、CPU以外の熱もかなりのものとなりつつあり、やはり冷却や静音性能の優秀なケースは不可欠。発熱の大きいCPU環境で培われた製品は、今後も人気が衰えることはなさそうだ。

 低発熱なCPUを使った、コンパクトマシンもはやりの一つだが、静音構造を重視するあまり、ドライブベイなどの拡張性が低いものも少なくない。デザインを重視するのももちろんありだが、自分の用途をしっかりと見据えておくことも、ケース選びのポイントだろう。また、安価なケースというのも、需要は変わらずにあるが、最新のシステムで組み立てる場合にはどうしてもしっかりとした電源が必要になる。すでに最近では電源を搭載していないケースが大半を占めているが、やはり以前とは違い、コストをかける意識は持っておくほうがよいだろう。

 デザイン面では、質実剛健なモデルに人気が集まる傾向にあるが、ここへきてLEDやアクリルパネルを使ったハデなケースも急速に増えつつある。いわゆるゲーマー向けと言われる製品群だが、PC本体ごと持ち寄って、対戦ゲームを楽しむLAN PARTYなどは国内ではなじみがなく、実際の人気としてはまだ読めない部分もあるのは確か。しかし、最近の製品はただハデなだけでなく、「これならよいかも」と思わせるだけの説得力を備えている。2007年はこうしたケースの動向にも注目してみたいところだ。
ケース選びのポイント
imageデザインとコストの両立
最近は低価格でもフロントデザインの凝ったものが増えているが、その分拡張性や剛性が犠牲になっているものもあるので注意しておこう
image拡張性と静音性の関係
内部に詰め込み過ぎないことによる、エアフローの確保は静音面でも重要なポイントだが、ドライブベイなどの拡張性もチェックしておきたい
imageCPU以外の冷却も考える
CPUの冷却に関しては、低発熱なCPUを使えばほぼ問題はなくなったが、その分、ほかの部分の冷却性能などにも気を配ってはどうだろうか?
精度の高いボディにギミックを詰め込んだ静音モデル
Antec
SOLO
実売価格:13,000円前後
問い合わせ先:03-5812-6120(リンクスインターナショナル)
URL:http://www.antec.com/world/jp/
image
image 現在の自作市場では間違いなく人気ナンバー1のケース。一見何のへんてつもないシンプルなデザインだが、それもなるべく密閉性を高めるためのもの。内部には、ゴムでHDDを固定するサスペンションマウントや、サイドパネルには標準で制振シートが貼られているなど、静音性を高めるためのさまざまなアイディアが盛り込まれている。何よりケースそのものの精度が高く、立て付けなども良好で、触れればその作りのよさが納得できるはずだ。

 特殊なドライブベイ構造もあって、シャドーベイは最大4、5インチベイは3と多くはなく、見た目からは想像しにくいその重量が気になるという声もあろうが、それも制振性を高めるためのポイントとして理解すべきだろう。

 また、サスペンションマウントに関しては耐久性が心配されるところだが、これも発売当初のものからひそかに見直しが行なわれている。既存ユーザー向けに交換パーツの販売も望むところである。 
image両サイドパネルに制振シートを装備。付属ファンはリアの12cm角ファンのみだが、エアフローはしっかり確保されている
imageシャドーベイはサスペンションマウントだけでなく、トレイへのネジ止めも可能。フロントからアクセスもしやすい
SPECIFICATION
本体カラー(型番):ブラック&シルバー
フォームファクター:ATX
ベイ:5インチベイ×3、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×4(サスペンションマウント使用時は×3)
フロント端子:USB×2、IEEE1394(6ピン)×1、マイク×1、ヘッドホン×1
電源:-
搭載ファン:12cm角ファン×1(リア)
サイズ(W×D×H):205×468×430mm
重量:約12kg
空冷も水冷もOK 幅広いニーズに対応する万能ケース
GIGABYTE
POSEIDON
実売価格:16,000円前後
問い合わせ先:03-5812-6120(リンクスインターナショナル)
URL:http://www.gigabyte.co.jp/
image
image マザーボードやビデオカードでおなじみ、GIGABYTEのミドルタワーケース。しっかりとした剛性を備え、5インチベイを五つ備えるなど、拡張性も十分。全体の構成としてはスタンダードではあるが、サイドパネルのメッシュ部は、付属アクリルパネルに交換可能、オプションの水冷ユニットのチューブを装着するためのダクトを装備するなど、カスタマイズする楽しみもある、

 また、前後に12cm角ファンを備えており、確実なエアフローを構築。フロントマスク内は見た目以上に凝った作りになっており、下部にはLEDでロゴを投影するユニークなギミックも搭載するほか、内側の防塵フィルタの掃除などもしやすくなっている。

 組み立て時は、マザーボード取り付け以外、ネジを使用しないというのも便利なところで、当然メンテナンス性も高くなっている。マザーボードメーカーならではの気配りにあふれた、信頼性の高い逸品である。
image五つの5インチベイが頼もしい。ドライブの固定も容易だ。シャドーベイは手前を向いているので、増設の際などに便利である
image水冷ユニット用のダクトも背面下部に装備。ハイエンドユーザーのニーズにもしっかりと応えてくれるだろう
SPECIFICATION
本体カラー(型番):ブラック(GZ-XA1CA-ST
B)、シルバー(GZ-XA1CA-STS)
フォームファクター:ATX
ベイ:5インチベイ×5、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×4
フロント端子:USB×2、IEEE1394(6ピン)×1、マイク×1、ヘッドホン×1
電源:-
搭載ファン:12cm角ファン×1(フロント)、12cm角ファン×1(リア)
サイズ(W×D×H):200×495×440mm
重量:約8kg
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年春号

発売日:3月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス