特集
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
マザーボード編 1/5
マザーボード編 2/5
マザーボード編 3/5
マザーボード編 4/5
マザーボード編 5/5
メモリ編 1/2
メモリ編 2/2
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
サウンドデバイス編 1/2
サウンドデバイス編 2/2
HDD編 1/2
HDD編 2/2
光学ドライブ編 1/2
光学ドライブ編 2/2
ケース編 1/3
ケース編 2/3
ケース編 3/3
電源編 1/3
電源編 2/3
電源編 3/3
液晶ディスプレイ編 1/2
液晶ディスプレイ編 2/2
CPUクーラー編 1/2
CPUクーラー編 2/2
その他のパーツ編 1/2
その他のパーツ編 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PCパーツ100選 2007
ビデオカード編
TEXT:橋本新義
ベンチマーク検証
GeForce 8800 GTXの圧倒的なスコアが目立つ
 今回は、ここまで紹介した11機種すべてで、Windows XP Professional SP2上で「3DMark06 Build 110」を用いたベンチマークと、Windows Vista Ultimate(製品版)の「パフォーマンスの情報とツール」で表示されるエクスペリエンスインデックス(性能指標)の「グラフィックス」(Aero環境での性能を測定)および「ゲーム用グラフィックス」(Direct3Dの性能を測定)という2項目を抽出した。

 なお、玄人志向のGF7300GT-E128H/EXが3DMark06(1,600×1,200ドット)で測定不能だったのは、ビデオメモリが不足したことによる。ちなみに下位機種のGF7300LE-LE128Hが実行できているのは、7300 GTにはないTurboCache機能(ビデオメモリ不足時に、メインメモリの一部を割り当てる)が動作しているためだ。

 また、ASUSTeKのEN8800GTX/HTDP/768M(と言うよりGeForce 8800 GTX)とVistaの組み合わせでの測定不能は、原稿執筆時点ではVista用のドライバが公開されていなかったためである。

 実際の性能に関してまず目立つのは、3DMark06でのEN8800GTXの圧倒的なスコアだ。今回2位となったLeadtek WinFast PX7950 GT TDH 256MBの2倍近い(UXGAでは2倍以上)、圧倒的な数値を叩き出している。対して一般的な価格帯の製品に目を移すと、WinFast PX7950 GT TDH 256MBやRadeon X1950 PRO搭載製品、そしてMSI NX7900GS-T2D256EZといった“激戦区”の価格帯のコストパフォーマンスのよさが目立つ。ちなみにこの3DMark06の5,000前後という数値は、2005年末ではフラグシップクラスのみが達成できた高いレベルだ。

 もう一つ注目したいのは、高速なAGPカードの成績だ。とくにAOpen 7600GT-DV256 AGPやSapphire RADEON X1950 PRO AGPなどは、同じGPUを搭載したPCI Express版とほぼ変わらないか、上回るほどの性能を発揮している。

 また、Vista環境では、安価ながらGF7300GT-E128H/EXがグラフィックスの最高値(5.9)を達成している点と、ゲーム用ベンチマークが基本的に3DMark06と同傾向になっている点が特徴的だ。

 低価格機種でも、Microsoftの示す評価基準であり、実際にAeroが快適に動作できるグラフィックス項目「4」以上をほぼ達成できるという点もポイントだ。
image
image
【環境】
CPU:Core 2 Duo E6700(2.66GHz)

マザーボード:
ASUSTeK P5B Deluxe(Intel P965)/【PCI Express x16】
ASRock Conroe865PE(Intel 865PE)/【AGP 8X】

メモリ:センチュリーマイクロ CD512M-D2U800(PC2-6400 DDR2 SDRAM 512MB)×2/ノーブランド PC3200 DDR SDRAM 512MB×2
HDD:Maxtor DiamondMax 10 6B250S0(Serial ATA、7,200rpm、250GB)
OS:Windows XP Professional SP2【3DMark06】
Windows Vista Ultimate【エクスペリエンスインデックス】
総 評
 本稿冒頭で紹介したように、2006年末のビデオカードは、製品選びのポイントや製品トレンドが大きく変化しつつある。この流れはVistaとDirect3D 10の登場により、今後さらに大きくなると予測されるが、GPU/ビデオカードメーカーがそうした厳しい環境に臆することなく競争したことで、製品の完成度は、昨年にもまして高く、その差はさらに大きくなっていると感じた。

 そうしたトレンドが如実に表われているのが、Gold RecommendのWinFast PX7950 GT TDH 256MBとSilver Recommend EN8800GTX/HTDP/768Mである。いずれも高性能GPUを搭載するにもかかわらず、非常に優れた静音性を実現しているからだ。また、コストパフォーマンスも、1年前の製品と比べても数段高いと呼べるレベルに仕上がっている。僅差で選から外さざるを得なかったが、PowerColor X1950 PRO Extreme 256MBなども非常に優れた製品だ。

 また、製品レベルでの隠れトレンドとして、“年末お買い得品”が定着した点も見逃せない。これは2005年11月にNVIDIAが発表したGeForce 6800 GSの大ヒットにより作られた「年末付近になると3万円を切ったお買い得なビデオカードが登場する」という流れのこと。実際に現在(2006年末)の売れ筋製品を見てみると、人気が高い“激戦区”の価格帯(2万円前後~3万円前後)では、9月に発表された新モデルが人気となっている。NVIDIA製GPUであればGeForce 7900 GSと7950 GT(メモリ256MB版)、ATI製はRadeon X1950 PROとX1900 XT(メモリ256MB版)で占められている。そして前述したGeForce 7950 GTとRadeon X1950 PROも、まさしくこのクラスの製品なのである。

 存在感を大きく復活させたAGP版高級カードなどを含めると、冒頭で紹介した2006年のビデオカードが激戦であったということがお分かりいただけるだろう。願わくば、2007年もこうした勢いが継続されることを望む。
image2007年初頭のWindows Vista発売によって、ビデオカードの重要性はさらに高まる。2007年もさらなる性能の向上を期待する
次世代をになう「Direct3D 10」と「統合型シェーダー」
 Windows Aeroばかりがどうしても目立つWindows Vistaだが、Vistaは3Dゲームにも大きな変革をもたらすOSでもある。それは、ここ数年のWindowsで使われてきたゲーム/マルチメディア用の機能拡張プログラム「DirectX」(ダイレクトエックス)の構造が変わり、同時に3Dグラフィックスを担当する「Direct3D」(ダイレクトスリーディ)が新バージョン「Direct3D 10」(D3D10)となるからだ。そしてD3D10は、同時にVista専用バージョンでもある。つまりD3D10と対応アプリは、XP以前では動作しない。

 D3D10では、3Dグラフィックスのテクスチャ(模様)処理に対して、従来より高精細かつ複雑な処理が行なえる。と同時に、GPUに対しては複雑な計算を行なえる「統合型シェーダーユニット」への変化を促している。これは、従来のGPUで取り入れられてきた「バーテックスシェーダー」(主に座標計算や物体の変形を行なう計算器)と「ピクセルシェーダー」(主にテクスチャマッピングなど、色の制御を行なう計算器)から構成されるアーキテクチャを整理し直し、汎用動作が可能な“統合型シェーダー”の組み合わせからなるGPUを規定するものだ。

 実際は“D3D10対応GPU=統合型シェーダー必須”というわけではないが、D3D10上での処理性能を向上させるためには統合型シェーダーが有利なため、高性能GPUは多くが統合型を採用すると想定されている。

 そして、PC用GPUにおいて、初の統合型シェーダーを搭載する製品も登場した。それがNVIDIAのGeForce 8800シリーズだ。「Stream Processor」と呼ばれる統合型シェーダーユニットを128基(GeForce 8800 GTXの場合)搭載する8800シリーズは、DirectX 9までの対応アプリでも高い性能を発揮する。これは今回のベンチマーク結果でも確認できるだろう。また、将来登場するGeForce 8シリーズの下位製品も統合型シェーダーを搭載すると目されている。さらに、ライバルとなるATIも、2007年春登場予定の新製品には、強力な統合型シェーダーを搭載することを発表済みだ。

 Windows Aeroを搭載するWindows Vistaは、GPUに多大な変化をもたらすOSと言える。そしてさらにD3D10が登場し、普及していく2007年は、GPU(およびビデオカード)にとっては一大転換点となるタイミングなのである。
image初の統合シェーダー搭載GPU「GeForce 8800 GTX」。トランジスタ数は6億8,100万にもおよぶ。搭載製品は8万円以上と非常に高価だ
imageD3D10対応ゲームの第1弾は「Microsoft Flight Simulator X」。D3D10環境では背景や機体の陰影、素材感がよりリアルになっている
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年夏号

発売日:6月30日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス