特集
Windows Vista RC1で正式リリースに備える
刷新されたインターフェース 1/2
刷新されたインターフェース 2/2
検索機能の大幅な強化
実用的になったバックアップ
ReadyBoostで手軽に高速化
ドライバとアプリケーションの互換性
Windows Vista インストール完全ガイド 1/4
Windows Vista インストール完全ガイド 2/4
Windows Vista インストール完全ガイド 3/4
Windows Vista インストール完全ガイド 4/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 1/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 2/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 3/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 4/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 1/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 2/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 3/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 4/4
世界一早く教える
Vista厳選Tips 1/3
世界一早く教える
Vista厳選Tips 2/3
世界一早く教える
Vista厳選Tips 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
無料でゲット Windows Vista RC1を遊びつくせ!!
TEXT:芝田隆広
世界一早く教える
Vista厳選Tips
imageWindows Vistaを使ってみたいが、RC1の段階でインストールしても問題ないのか、どれだけ快適に使うことができるか不安な人も多いだろう。そこで、RC1の公開開始直後ながら、現在判明している、Windows Vista使いこなしのためのTipsを紹介する。これらの点を踏まえて導入すれば、いち早く使いやすいWindows Vista RC1環境を構築できるはずだ。
インストール前に知っておきたいこと
Tips
Windows Vista RC1の使用期限
 RC(Release Candidate)は製品候補版であり、試用およびテスト目的で無償配布されているプレリリース版のため、永続的に使うことができるわけではない。

 そのため、RC1には試用期限が設けられており、試用期限を過ぎると利用することができなくなる。うっかり期限を過ぎてしまうと、RC1は使えなくなってしまうので、その点は注意しておきたいところだ。普段使っているPCに導入して、日常的な作業をRC1で行ないたい人は、とくに注意してほしい。

 なお、試用期限については「2007年6月1日」となっている。当分の間は利用可能だが、期限が過ぎると、OSの機能が大幅に制限されてしまい、通常の作業を行なえなくなるので注意しよう。
image試しにPCの内蔵時計を2010年7月1日に設定してみたところ、このようなダイアログが表示され、制限された機能しか利用できなくなった
Tips
Windows Vistaの最新情報を入手するには
 マイクロソフトのWindows Vista特設サイトに掲載されていないような情報は、実際にWindows Vistaを使っているユーザーの意見が参考になる。

 「Microsoft TechNet」のWindows Vistaフォーラムや、2ちゃんねるのWindows板のWindows Vista関連スレッドでは、ユーザーが話題を寄せ合っているので参考になる。

 また、Windows Vista関連の情報をまとめている「Windows Vista Wiki」も有用だ。Windows Vistaの各エディションに関する情報や、動作報告、ドライバ関連の情報がまとめられている。
imageMicrosoft TechNetのWindows Vistaフォーラムには、Windows Vista RC1関連の話題がいろいろと寄せられている
Tips
Windows Vistaのバージョンを判別する
 Windows Vistaは、これまでβ2やRC1などのバージョンが配布されており、入手してすでに試してみた、という人もいるだろう。しかし、複数のバージョンを同時にインストールして試している場合、自分が使っているWindows Vistaのバージョンが分からなくなると非常にやっかいだ。

 Windows Vistaのバージョンの見分け方は簡単なので、もし知らない人がいたらこの機会にぜひ覚えてほしい。具体的にはデスクトップの右下隅、タスクトレイの上の部分を見ると、Windows Vistaのバージョンが表示されているので、これを見れば自分が使っているバージョンがどれなのかすぐに分かる。

 β2の場合は「Beta2 評価コピー。ビルド5384」、RC1の場合は「RC1 評価コピー。ビルド5600」と表示される。
imageWindows Vista RC1のデスクトップ右下隅には、このようなバージョンを示すテキストが表示されるので、バージョンがすぐに分かる
インストール関連
Tips
FATのHDDにはインストール不能
 Windows Me/98/95で利用していたマシンや、それらのOSからXPへアップグレードインストールしたマシンの場合、システムドライブにFAT32を使っていることが多いだろう。しかし、FAT32のドライブには、Windows Vistaをインストールすることができない。インストールしようと思ったら、一旦パーティションを削除して、NTFSでフォーマットするほかない。フォーマットする前には、必ず重要なデータをバックアップしておこう。

 なお、Windows Vista RC1のインストールディスクでマシンをDVDブートすると、インストールするHDDを選択するメニューが出てくる。ここで「ドライブオプション(詳細)」を選択してドライブのフォーマットを行なった場合、その形式は自動的にNTFSとなる。
imageFATでインストール済みのHDDを選んでWindows Vistaをセットアップしようとしても、インストールを行なうことができない
Tips
仮想マシンで一時的にVistaを試す
 マシンにHDDが1台しかなく、それを1パーティションで使用しているという場合、従来の環境を残したまま別ドライブにVistaをインストールしてデュアルブートにすることはできない。

 このようなケースでWindows Vistaを試してみたいという場合は、Windows上に仮想マシンを作成するソフトを利用してみるとよいだろう。

 仮想マシン作成ソフトとしては、マイクロソフトの「Virtual PC 2004」と、VMwareの「VMware Server」が有名だ。どちらのソフトも当初は市販ソフトだったが、現在はフリーソフトとなっている。

 また、プロトンが11月11日に発売を予定している、Mac OS Xで動作する仮想マシン「Parallels Desktop for Mac」(標準価格:1万8,900円)でも、Windows Vistaは動作する。

 この中で「Virtual PC 2004」は、2GB以上のISOイメージは読み込めないし、環境によってWindows Vistaがうまくインストールできないケースが多いようだ。一方のVMware Serverは、2GB以上のISOイメージにも対応しているし、比較的不具合が少ないようだ。そこで、VMware ServerにWindows Vistaをインストールする方法を説明しておこう。
imageVMWareでWindows Vistaを試す場合、OSは「Windows Vista(experimental)」を選ぶ。また「Memory」は512MB以上に設定しておくこと
image「CD-ROM device」で「Use ISO image」にチェックし、RC1のISOイメージを指定する。これで仮想マシンにISOイメージがマウントされる
image「Start this virtual machine」を選択すると、仮想マシンがVista RC1のISOイメージを使ってブートし、インストールが開始される
Tips
仮想マシンとAero
 一時的にWindows Vistaを使いたいという場合、VMware Serverなどの仮想マシンが便利だということはすでに述べたとおりだ。しかし現時点では、Windows Vistaの新インターフェースのAeroが要求する、DirectXの基準を満たしている仮想マシンはない。

 これについてはしばらく待つほかないが、Mac用の仮想マシン「Parallels Desktop for Mac」については、次期バージョンでWindows Vistaおよび3D表示に対応することをすでに表明している。Virtual PCについても、2007ではWindows Vista上で動作するようになるが、こちらはどの程度まで対応が行なわれるかといった詳細が明らかになっていない。

 仮想マシンでもAeroを試せるよう、早期の対応が望まれるところだ。
imageVMware Serverの仮想マシン上でWindows Vista RC1を動かしてみたところ。Aeroが使えないので、ウィンドウなどは透過表示されない
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス