特集
Windows Vista RC1で正式リリースに備える
刷新されたインターフェース 1/2
刷新されたインターフェース 2/2
検索機能の大幅な強化
実用的になったバックアップ
ReadyBoostで手軽に高速化
ドライバとアプリケーションの互換性
Windows Vista インストール完全ガイド 1/4
Windows Vista インストール完全ガイド 2/4
Windows Vista インストール完全ガイド 3/4
Windows Vista インストール完全ガイド 4/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 1/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 2/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 3/4
Windows Vistaレディパーツを探せ!! 4/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 1/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 2/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 3/4
Vista時代の新基準パーツカタログ 4/4
世界一早く教える
Vista厳選Tips 1/3
世界一早く教える
Vista厳選Tips 2/3
世界一早く教える
Vista厳選Tips 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
無料でゲット Windows Vista RC1を遊びつくせ!!
Vista時代の新基準パーツカタログ
TEXT:橋本新義
ビデオキャプチャ
POINT Media Centerを標準搭載(Home Basic除く)
オーバーレイ表示は非サポート
 ビデオキャプチャデバイスは、Vista環境で大きく製品選びの基準が変更される製品ジャンルの一つだ。

 その理由は、POINTに拳げた「オーバーレイ表示は非サポート」であるためだ。現行のテレビキャプチャデバイスの多くは、映像の表示に「オーバーレイ表示」という方式を使用しているが、VistaではAeroの採用に伴って、このオーバーレイ表示を廃止した。そのため、実際にどの製品と断言はできないが、Vistaでは使用することができないキャプチャカードが出てくると思われる。

 また、たとえハードウェア的には動作する場合でも、ドライバはVista専用版が必要になる。

 ただし例外的に、Windows XP Media Center Edition 2005のドライバを流用することで、VistaのMedia Center上で動作可能な製品がある。下記製品は動作保証外ながら、編集部でβ2での動作を確認した製品だ。こうした製品であれば、高い確率で製品版のVistaでも使えると予測される。

 ただし、どれだけの製品が使えるのかは、正直なところVista製品版の登場まで不明瞭な点も多い。購入時には十分な情報収集が必要だろう。
USB
Hauppauge Computer Works
WinTV-PVR-USB2
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:03-5985-6688(ブルウィル)
URL:http://www.hauppauge.com/
imageUSB接続のMCE対応テレビキャプチャユニット。低価格ながらリモコンも付属し、FMチューナーも搭載しているのが特徴。MCE搭載PCだけでなく、ノートPCとも接続したいといった方にオススメだ。
PCI Express x1
PowerColor
Theater 550 Pro PCI Express
実売価格:11,000円前後
問い合わせ先:03-5215-5650(アスク)
URL:http://www.powercolor.com/
image数少ないPCI Express x1対応のテレビキャプチャカード。MPEG2ハードウェアエンコーダ、三次元Y/C分離、ノイズリダクションなどの機能を内蔵する「THEATER 550 PRO」を搭載しており、シンプルなカードながら機能は多彩。
PCI
エルザジャパン
EX-VISION 1600TV
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:03-5765-7615
URL:http://www.elsa-jp.co.jp/
imageH.264への自動変換が可能なPCI対応のテレビキャプチャカード。ゴーストリデューサや三次元Y/C分離などの画質改善機能も搭載。メーカーによれば、発売と同時にVistaに対応する予定とのこと。
PCI Express x1
KWORLD
PVR-TV PE210
実売価格:11,000円前後
問い合わせ先:03-5836-2107(ストリームリーダー)
URL:http://www.kworld.com.tw/
imageシリコンチューナーを2基搭載し、MPEG1/2/4のソフトウェアエンコードに対応するテレビキャプチャカード。デコードチップはPCI ExpressネイティブのSAA7162E/G。
PCI
アイ・オー・データ機器
GV-MVP/RX3
実売価格:13,000円
問い合わせ先:03-4288-1039/076-260-1024
URL:http://www.iodata.jp/
image三次元Y/C分離と三次元ノイズリダクションの同時利用、ゴーストリデューサ、TBCなど、数多くの画質改善機能を搭載した画質重視のテレビキャプチャカード。録画した番組をiPodに自動転送することもできる。
PCI
ピクセラ
PIX-MPTV/P6W
実売価格:14,800円
問い合わせ先:06-6633-2990
URL:http://www.pixela.co.jp/
image2枚利用することで、2番組同時録画が可能。三次元Y/C分離やゴーストリデューサといった定番の画質改善機能も搭載している。付属のMPEGエディタを使えば、CMカットなども簡単に行なえる。専用リモコンも付属。
メモリ
POINT Premium Ready PCでは1GB以上を推奨
大容量環境では性能がより向上しやすい
 Vistaを利用する際に、とくに強化が必要となるパーツの一つがメモリだ。これまでの新Windows OSが登場した際と同様、Vistaでも、より多くのメモリを必要とするためだ。Windows Vista Premium Ready PCの必要条件は1GBメモリとなっているが、これが実使用に堪え得る最低レベルと考えてよい。

 またVistaでは、基本的なメモリ管理の方針が変更されている。大容量のメモリを搭載した環境では、キャッシュをXPまでと比べてより多く確保し、より積極的に搭載メモリを使うようになった。これにより、メモリ増加時には性能向上率がより高くなるだろう。

 現時点では、実際の製品版Vistaが登場していないが、価格などを考慮すれば、自作PCでは「1GB×2枚構成で2GB」というパターンが標準的になると思われる。また64bit環境であれば、4GBの搭載も考えたいところだ。もちろん、マザーボードが対応していればデュアルチャンネルでの搭載は必須と言える。

 また、メモリを積極的に使う(=アクセスがより頻繁になる)Vistaでは、信頼性も重要となる。なるべくノーブランドを避け、信頼性を重視して製品を選びたいところだ。
DDR2 SDRAM DIMM/PC2-8500
Corsair
TWIN2X2048-8500C5
問い合わせ先:ecsupport@synnex.co.jp(シネックス)
URL:http://www.corsairmemory.com/
image同社がNVIDIAと共同開発したEPP規格に対応するオーバークロックメモリ。対応環境ではメモリのBIOS設定を自動化できる。オーバークロック耐性の高さも一部で話題になっている。
製品名 容量 実売価格
TWIN2X2048-8500C5 1GB×2 60,000円前後
TWIN2X1024-8500 512MB×2 35,000円前後
DDR2 SDRAM DIMM/PC2-7200
Kingston
HyperX KHX7200D2K2/2G
問い合わせ先:support@3max.jp(サンマックス・テクノロジーズ)
URL:http://www.kingston.co.jp/
image同社のオーバークロックメモリである「HyperX」シリーズ最速となるPC2-7200(DDR2-900)対応のメモリモジュール。アクセスタイミングは5-5-5-15。ヒートスプレッダはアルミ製。
製品名 容量 実売価格
KHX7200D2K2/2G 1GB×2 53,000円前後
KHX7200D2K2/1G 512MB×2 29,000円前後
DDR2 SDRAM DIMM/PC2-6400
センチュリーマイクロ
CK1GX2C-D2U800
問い合わせ先:03-5437-2611
URL:http://www.century-micro.co.jp/
image512MbitのMicronチップを採用したDDR2-800メモリの2枚セット。P965やSocket AM2環境でも問題なく動作する。アクセスタイミングは5-5-5。
製品名 容量 実売価格
CK1GX2C-D2U800 1GB×2 44,000円前後
CK512X2C-D2U800 512MB×2 22,000円前後
DDR2 SDRAM DIMM/PC2-8000
Crucial
BL6464AA1005
問い合わせ先:support@kouryu.com(興隆商事)
URL:http://www.crucial.com/
image金色のヒートスプレッダが印象的なオーバークロックメモリ。DDR2-1000と高速で駆動するが、電圧は2.2Vと高く、一部マザーボードでは動作しない場合もある。アクセスタイミングも5-5-5-15と高速。
製品名 容量 実売価格
BL12864AA1005 1GB×2 38,000円前後
BL6464AA1005 512MB×2 18,000円前後
DDR2 SDRAM DIMM/PC2-5300
アイ・オー・データ機器
DX667-1G
問い合わせ先:03-4288-1039/076-260-1024
URL:http://www.iodata.jp/
image独自設計の6層基板によりノイズの影響を最小限に保つ。保証期間も無期限。同社のRAMディスクソフト「RamPhantom LE」のダウンロード特典も付属。
製品名 容量 実売価格
DX667-1G 1GB 29,000円前後
DX667-512M 512MB 17,000円前後
DX667-256M 256MB 9,000円前後
DDR2 SDRAM DIMM/PC2-6400
バッファロー
D2/800-1G
問い合わせ先:03-5781-7260/052-619-1188
URL:http://buffalo.jp/
image数少ない国内メーカー製のDDR2 800対応モジュール。6年保証に対応するほか、RoHS指令にも準拠している。
製品名 容量 実売価格
D2/800-1G 1GB 40,000円前後
D2/800-512M 512MB 21,000円前後
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス