DOS/V POWER REPORT

エントリー詳細

究極省電力部門

余剰能力の有効活用!増加消費電力0仮想サーバー

きっちょむ 2011年08月13日 23時44分

応募部門
究極省電力部門
1WあたりのPCMarkスコア
0
エントリーマシンのアピール
家族でも簡単に使えるファイル/音楽共有サーバーを構築させる為に、 低消費電力で収まる方法を検討していましたが、いくら低消費電力PCとはいえ、一台増設する形で組んで稼働させてしまえば家全体の電力としては増加してしまいます。 それではエコからほど遠いことになります(私の財布的にもエコじゃない(汗)。 そこで、現在24時間体制で稼働させているNAS及びLinux鯖の余剰能力を活用し、機材や電力を全く増やさない形で、 ファイル/音楽共有サーバーを構築しました。 まず、NASの余剰HDD容量をiSCSIにより拝借しました。これは、NASのミラーリング(RAID1)も拝借でき、耐障害性UPが見込めます。 かつLinuxサーバーのホストOSをLinuxからVMware ESXiに置き換え、ゲストOSにLinuxとWindows7インストールし、同時稼働できるようにしました。 これにより、元々の消費電力は全く増加させる事なく、Windows7によるファイル/音楽共有サーバーを構築させることに成功しました。 ゲストOSを積んでいるESXiサーバーのCPUにAtom D510が使われている為、OCCTによるテストは敢行出来ませんでした。
Windows 7 PCの省電力で気を使っている点
既存運用から消費電力を増やさないように機器構成をまず検討することと、 PCに接続させる機器を最小限に抑えるように気を付けています(液晶やUSB機器など)。

エントリーマシンの構成パーツ

CPU INTEL Atom D510
マザーボード FOXCONN D51S
メモリ トランセンド JM2GDDR2-8K
CPUクーラー CF-40SS
HDD 無し
SSD
光学ドライブ 無し
ビデオカード オンボード
ケース ANTEC ISK300-65
電源 ケース付属ACアダプタ
ディスプレイ 無し
上記以外のパーツ Foxconn D51S
使用OS Windows 7 Ultimate 32bit版
使用OSの
パッケージ形態
パッケージ版(アップグレード版を含む)
外観写真 内部写真 その他の写真
スリープ時消費電力 アイドル時消費電力 高負荷時消費電力
26 26 0
PCMark7ベンチマークスコア CPU-Z
244

<< エントリー一覧へ戻る